転職の掟

転職で後悔しないために知っておきたいこと

中小規模の転職エージェントを選ぶメリットとデメリット

   

skyline-200679_640

「転職エージェント」の数は、実は非常に多い。電車内の広告などでよく見かけるのはリクルートエージェントやインテリジェンスDODAなど一部のエージェントだけだが、それ以外にも中小規模のエージェントが日本にはたくさん存在する。

転職エージェントという業態は、つまるところ「企業が求める人材を紹介する」ことができさえすればそれだけで成立するので、人脈さえあえればそれこそ個人事業でも成り立つ(転職エージェントのサービスフィーは年収の30%〜35%なので、1年で3人紹介できれば年収ひとり分ぐらいは稼げるということになる)。そういうこともあってか、中小規模の転職エージェントは数が多い。

では、中小規模の転職エージェントを利用する場合、どのようなメリット・デメリットが存在するのだろうか?

中小規模の転職エージェントを利用するメリット

特定の業界に強みを持つエージェントが多い

中小規模のエージェントは、「得意分野」を持っていることがほとんどだ。IT業界を専門にしたり、薬剤師・医師の転職を専門にしたりといったようにそもそも扱う案件の業界を特化させているエージェントもあるし、完全に専門にしていなくても、ある分野にはかなり強いというエージェントは多い。また、業界ではなくベンチャー企業への転職に特化するといったように、扱っている会社の属性に対して強みを持っているエージェントもある。

中小規模のエージェントの多くは、自らの強みを活かして、大手にはない独自の案件を持っていることも多い。そういう案件の中には、当然掘り出し物もある。そういった「あまり表に出てこない掘り出し物の求人」の紹介を受けたいのであれば、中小規模のエージェントの利用を考えてもいいだろう。

エージェントが会社に深く入り込んでいる場合がある

また、中小規模のエージェントの中には、特定の企業にかなり深く入り込むことができているエージェントもある(このような、どれだけ深くその企業に入り込めているかをエージェントの用語で浸透度という)。浸透度の高いエージェントの場合、他のエージェントでは入手できないような内部情報を教えてもらうことができたり、時には選考自体が有利になることも少なくない。

複数のエージェントからまったく同じ案件を紹介された場合でも、浸透度の高いエージェント経由で受けると、いきなり最終面接から選考がスタートするなんてこともある。このような、特定の企業に深く入り込むことができるのが中小規模のエージェントの強みだ。大手が「広く浅く」求人案件を獲得するなら、中小規模のエージェントは「狭く広く」深耕営業に励んでいることが多い。

中小規模の転職エージェントを利用するデメリット

求人案件数が少ない

大手に比べてしまうと、どうしても中小規模のエージェントの求人案件数は見劣りがしてしまう。大規模な法人開拓営業専門部隊を持たない中小規模のエージェントが大量に求人を用意するのはどう考えても不可能なのだが、やはりその分だけ紹介を受けられる求人が減ってしまうのはデメリットだ。

もっとも、案件の絶対量だけで比較するのが必ずしも正しいとは言えないのでその点は注意を要する。エージェントの謳い文句に「◯◯件の非公開求人!」というものがあるが、あくまでも自分にとって関係があるのはその一部だ。自分の志望業界と違う求人をエージェントが大量に抱えていたところで、ほとんど意味はない。

基本的に、そのエージェントが強みとして打ち出している業界と活動地域が自分の志望とマッチしているのであれば、求人数がそれほど多くなくても登録を検討する余地はある。

志望業界とエージェントの強みがマッチしないと案件を紹介してもらえない

中小規模のエージェントはただでさえ案件数が多くないが、さらにそのエージェントが強みとしている業界と自分の志望業界がズレてしまうと、案件の紹介は絶望的になるので注意してほしい。

「◯◯業界専門」を謳っているエージェントであれば、そもそも志望業界が大きく違えば登録すらしないというのが普通だが、「一応自分の強み以外も扱っている」というエージェントだと、「登録したけどいまひとつ」となる可能性もある。専門特化型エージェントとしてスタートし、その後総合型へ転換したようなエージェントだとそういうこともあるので注意してほしい。

エージェントの得意分野と志望業界がピッタリ合えば利用を検討する

基本的に、中小規模のエージェントを使うかどうかは、自分の志望業界とエージェントの得意分野が一致するかどうかで決めるといいだろう。自分の志望業界とエージェントの得意分野が合致しないのであれば、あえてそのエージェントを使う必要性はあまり高くない(「知り合いに紹介されたキャリアアドバイザーがいる」とかであれば別だが)。

転職活動がはじめてであれば、中小規模のエージェント一本というのはちょっと心許ないので、大手のエージェント数社と組み合わせて使うのがおすすめだ。エージェント選びは会社の大きさだけでなく担当者の質も大事な要素なので、いくつか登録してみてフィーリングに合ったものを残すようにしていけばいいだろう。

おすすめの転職エージェント

インテリジェンスDODA

求人数は100,000件、そのうち80%は非公開求人。総合型の転職エージェント。規模はリクルートエージェントに次いで2位。キャリアコンサルタントによるサポートは模擬面接を実施してくれるなど他社と比較しても厚い。とりあえずスタンダードに転職を検討するのであれば、まず登録しておきたいうちの一社。

 

私の友人の中にもDODA経由で内定を取った人がいる。率直に印象を聞いてみたところ、「色々とこちらの個人的な相談にも乗ってくれてよかった」ということで満足していた。その後彼は内定を辞退して転職活動を終えるというエージェントとしては不実の結果となったのだが、その時の対応も丁寧でよかったとのことだった。

パソナキャリア

転職エージェントへの参入が後発なため、規模は大手エージェントに比べると小さいものの、キャリアアドバイザーの教育レベルが高いという点でおすすめできるエージェント。

転職エージェントを使っていて嫌な気分になるのは、内定後に強引にクロージングを迫られたり、自らのノルマ達成のために「さっさと転職させてやろう」という魂胆が見えた時だろう。全員がそうだというわけではないが、たとえばリクルートエージェントなどは社風的にもそのような「イケイケ」なエージェントが少なからず在籍する。それに対して、パソナキャリアのエージェントは落ち着いたアドバイザーが多い印象がある。落ち着いて転職活動を進めたいという人にはおすすめできる。

レバテックキャリア

IT・Webエンジニア案件に特化した専門型転職エージェント。求人はすべてIT・Web系。それゆえ、担当のキャリアコンサルタントのIT専門知識は総じて高い。総合型の転職エージェントの場合、一応専門ということになっている人が担当してくれるものの、実際には担当者の知識が噛み合わずストレスを感じることがある。レバテックキャリアの場合は基本的にそのような心配はない。業界用語や専門用語もそのまま通じる。

紹介数については大手ほどではないものの、その人の人となりに応じて厳選して求人を紹介するという方針をとっているので、総合型では紹介されない案件を紹介してもらえることも少なくない。志望がIT・Web系と決まっているのであれば、ぜひ活用を検討したいエージェントのうちのひとつだ。

 - 転職エージェントの選び方 > 賢い選び方