転職の掟

転職で後悔しないために知っておきたいこと

転職エージェントの体制には「分業型」と「両面型」がある

   

roundtable-828546_640

転職エージェントの体制には、人材配置の方法によって「分業型」「両面型」の二種類がある。

転職エージェントという業態は企業と求職者の両方を相手にすることで成り立っているが、企業側の担当者と求職者側の担当者を別々の人が担当する体制を敷いているのが「分業型」だ。一方で、企業側も求職者側も両方を同じ人が担当するのが「両面型」である。

基本的に、大手のエージェントは分業型だと思っておけば概ね正しい。分業型のエージェントでは、求職者側の担当者はキャリアアドバイザー(CA)などと呼ばれ、企業側を担当者はリクルーティングアドバイザー(RA)などと呼ばれることが多い。分業型のエージェントでは、そもそも両者は職種からして区別されている。一方で、両面型のエージェントでは両者を同じ人がこなすことになるので、特に職種としては分かれていないのが普通だ(もちろん、相手に応じて名乗り方を変えれば職種が2つあるように見えるが、本質的には一職種である)。

では、分業型のエージェントと両面型のエージェントで、それぞれどんなメリット・デメリットが存在するのだろうか?

分業型のエージェントのメリット

分業型のエージェントのメリットは、転職希望者の支援と求人の獲得をそれぞれ専任者がやることで、業務がスケールしやすいという点にある。業務がスケールして転職エージェントの規模が大きくなればその分だけ扱われる案件数も増えるので、転職者にとっても大きなメリットになる。

基本的に大手のエージェントはどこでも抱えている求人数が多いが、それだけ多くの案件を効率的に獲得し紹介することができるのは、求職者側と企業側の担当者を分離し効率的に業務が回るように分業体制を敷いているからに他ならない。実際、企業開拓は営業力が必要になるので、大量の求人を集めようと思ったらそれを専門的にひたすら行う法人営業をかける部隊が必要になる。分業型のエージェント=営業力があり求人を大量に獲得できるエージェント、と捉えてもいいだろう。

分業型のエージェントのデメリット

一方で、分業型のエージェントのデメリットは、キャリアアドバイザーとリクルーティングアドバイザー間の連携に齟齬が生じ、転職者が受けられるサービスの質が下がる可能性があることだ。

分業型のエージェントでは、連絡パスが「求職者←→キャリアアドバイザー←→リクルーティングアドバイザー←→企業」になってしまうので、両面型の「求職者←→キャリアアドバイザー←→企業」の場合に比べるとどうしても伝達の齟齬が起きやすくなる。ひどい場合だと、企業に伝わるべき情報が伝わっていなかったり、あるいは企業の内情について得られるはずの情報がうまく得られなかったりすることもある。

もっとも、このあたりは担当のキャリアアドバイザーの力量によるところが大きい。実力のあるキャリアアドバイザーは法人側の担当者ともよく連携しており、間に人がもう一人いることをまったく感じさせないような人もいる。分業型なら必ず連絡経路がガタガタだというわけでもないので、実際のところはサービスを受けてみないとわからない。

両面型のエージェントのメリット

両面型のエージェントのメリットは、担当者が企業側の営業も同時に担当することになるので、その企業について深く情報を得られる可能性があるという点になるだろう。両面型のエージェントは、基本的に「狭く深く」企業に潜り込み、分業型にない小回りの効くサービスの提供をウリにしているところが多い。

転職者側と企業側を同じ人が担当しているので、分業型のように情報連携の齟齬が生じることも基本的にはない。分業型のエージェントの場合、ハズレの担当者を引くとサービス内容が流れ作業のようになることがあるが、両面型ではそういうことは起こりづらいと言える。

両面型のエージェントのデメリット

両面型のエージェントの場合どうしても営業方法が「狭く深く」になってしまうので、求人数が限られてしまうというデメリットがある。求人が特定の分野に偏ってしまうことも多い。

そのため、両面型を採用しているエージェントは、基本的には中小規模のエージェントということになる。専門特化型のエージェントである場合も多い。自分の希望転職先の分野とエージェントが強みとしている分野がピッタリ合えば心強いが、この点でミスマッチがあるとどれほど丁寧な対応をしてもらっても意味がないので、なかなか難しいところだ。

両面型でも分業型でも良いサービスが受けられるかは担当者次第

これは両面型であっても分業型であっても共通して言えることだが、転職エージェントは「人」に左右されるビジネスなので、良いサービスが受けられるかどうかは最終的には担当者次第ということになる(参考:転職エージェント選びで一番大切なのは担当者との相性)。分業型であってもきめ細やかなサービスを提供してくれる担当者もいるし、逆に両面型でも流れ作業のような投げやりなサービスを提供してくる担当者もいる。そのエージェントを使うべきかどうかの決め手になるのは結局「人」なので、業態だけで使う・使わないを決めるのはあまり得策ではない。

幸い、転職エージェントは何社登録しても問題ないので、気になる人は分業型(=大手)と両面型(=中小規模 or 専門特化型)の両方に登録してみてフィーリングが合ったエージェントを中心的に使うようにするとよいだろう。

おすすめの転職エージェント

インテリジェンスDODA

求人数は100,000件、そのうち80%は非公開求人。総合型の転職エージェント。規模はリクルートエージェントに次いで2位。キャリアコンサルタントによるサポートは模擬面接を実施してくれるなど他社と比較しても厚い。とりあえずスタンダードに転職を検討するのであれば、まず登録しておきたいうちの一社。

 

私の友人の中にもDODA経由で内定を取った人がいる。率直に印象を聞いてみたところ、「色々とこちらの個人的な相談にも乗ってくれてよかった」ということで満足していた。その後彼は内定を辞退して転職活動を終えるというエージェントとしては不実の結果となったのだが、その時の対応も丁寧でよかったとのことだった。

パソナキャリア

転職エージェントへの参入が後発なため、規模は大手エージェントに比べると小さいものの、キャリアアドバイザーの教育レベルが高いという点でおすすめできるエージェント。

転職エージェントを使っていて嫌な気分になるのは、内定後に強引にクロージングを迫られたり、自らのノルマ達成のために「さっさと転職させてやろう」という魂胆が見えた時だろう。全員がそうだというわけではないが、たとえばリクルートエージェントなどは社風的にもそのような「イケイケ」なエージェントが少なからず在籍する。それに対して、パソナキャリアのエージェントは落ち着いたアドバイザーが多い印象がある。落ち着いて転職活動を進めたいという人にはおすすめできる。

レバテックキャリア

IT・Webエンジニア案件に特化した専門型転職エージェント。求人はすべてIT・Web系。それゆえ、担当のキャリアコンサルタントのIT専門知識は総じて高い。総合型の転職エージェントの場合、一応専門ということになっている人が担当してくれるものの、実際には担当者の知識が噛み合わずストレスを感じることがある。レバテックキャリアの場合は基本的にそのような心配はない。業界用語や専門用語もそのまま通じる。

紹介数については大手ほどではないものの、その人の人となりに応じて厳選して求人を紹介するという方針をとっているので、総合型では紹介されない案件を紹介してもらえることも少なくない。志望がIT・Web系と決まっているのであれば、ぜひ活用を検討したいエージェントのうちのひとつだ。

 - 転職エージェントの選び方 > 基礎知識