転職の掟

転職で後悔しないために知っておきたいこと

転職エージェントとは?サービス内容と全体像のまとめ

   

office-336368_640

「転職エージェント」とはどのようなサービスのことなのだろうか。

転職を検討しはじめたばかりの人や、そもそも転職をする気があまりない人の場合、転職エージェントという言葉ぐらいは聞いたことはあるけど、具体的なサービス内容まではよく知らないということが少なくない。中には、転職サイトのひとつだと勘違いしている人もいるようだ(おそらくこれは転職エージェント業界最大手のリクルートエージェントと、転職サイトのリクナビNEXTを混同しているのが原因だと思われる)。

そこで今回は、「転職エージェント」という人材サービスの内容について、知らない人向けに簡単にまとめてみたい。

転職者にとっては、求人を紹介してくれるサービス

まず、転職者の側から見た場合、転職エージェントとは「転職希望者のキャリアプランや職歴をヒアリングし、その人にあった転職先の企業を紹介してくれる」サービスだと言える。

転職希望者が転職エージェントに登録すると、まずいちばん最初にあるのは担当者との面談だ。多くの場合、転職エージェントに登録すると転職希望者には担当者がひとりつく。この担当者はキャリアアドバイザー(あるいはキャリアコンサルタントなど呼び名は会社によって異なる)と呼ばれ、求人案件の紹介と同時に、キャリア相談などにも乗ってくれる。

面談が終わると、キャリアアドバイザーは面談でのヒアリング内容に基づいて、転職希望者に求人案件を紹介する。転職希望者は、紹介された案件を見て、その求人に応募するかどうか決める。応募すると決めた場合、エージェント経由で面接日程などが調整され、選考が進んでいく。内定が出た場合は、給与交渉などもエージェント経由で行うことができる。

このような人材紹介の機能に加えて、転職エージェントは面接対策や職務経歴書の添削などの「転職活動自体のサポート」も行ってくれる。「いま、求人が集まっている業界はどこなのか」といった転職市場の情報を教えてもらったり、転職候補の企業についての情報をもらったり、あるいは純粋にキャリア相談に乗ってもらえたり、およそ転職活動に関することであればキャリアアドバイザーには何でも聞くことができる。

ちなみに、これらのサービスはすべて無料なのが普通だ。これだけ手厚いサービスがなぜ無料で成り立っているのか、詳しくは転職エージェンのビジネスモデルを参照してもらうとして、転職エージェントを使うことで転職者に金銭的負担が生じることは通常はない。

まとめると、転職エージェントが転職希望者に提供しているサービスは

  • 求人案件の紹介
  • 職務経歴書の添削、面接対策などの内定獲得のための対策
  • 面接のスケジュール調整や給与交渉など転職活動のサポート
  • キャリア相談などのキャリアサポート

ということになる。

企業にとっては、人材を紹介してくれるサービス

視点を変えて企業の側から見た場合、転職エージェントとは「企業の採用計画や募集条件に基づいて、その企業にふさわしい候補者を紹介してくれる」サービスだと言える。

企業の人材獲得の方法としては、自社サイト内での公募、転職サイトへの掲載、ハローワークへの求人票の提出などが考えられるが、いずれの方法も企業側の条件にあった求職者を集めるのは結構難しい。よくあるのは、転職サイトなどで広く募集した結果「求める水準にまったく達していない」人が大量に集まってしまい、面接などのコストがかかりすぎてしまうというものだ(そして大量に面接したにもかかわらず、結局いい人が取れなかった、ヘンな人を採用してしまったというオチがつく場合も多い)。

これに対して、転職エージェント経由で紹介された候補者の場合、事前に相応の選別が行われているが多い。つまり、無差別に公募するのに比べて候補者の質がある程度担保されている。また、エージェントは職歴や能力などを把握した人材プールを抱えているので、急な求人にも比較的対応しやすい。つまり、転職エージェントを使うと企業は採用活動を効率的に行うことが可能になる。

もっとも、効率的になる分お金は結構かかる。企業はエージェント経由で人材を採用した場合、その人の年収の30%程度を成果報酬としてエージェントに払うのが一般的だ。これは転職サイトなどのメディアへの掲載料に比べるとだいぶ高い。

ちなみに、転職者がエージェントを使うとキャリアアドバイザーと呼ばれる担当者がつくが、企業がエージェントを使って採用活動をする場合はリクルーティングアドバイザーと呼ばれる担当者がつくことになる。エージェントの規模によっては、このキャリアアドバイザーとリクルーティングアドバイザーが別々の人だったり、あるいは同じ人だったりする。大手のエージェントは基本的に分業制だ。

転職エージェントの全体像

以上をまとめると、転職エージェントは「転職者と企業のお互いの希望を元にマッチングを行うサービス」ということになる。全体像を図示すると下記のようになるだろう。

agent

不正確だがイメージが湧きやすい説明をすると、転職エージェントとは不動産仲介の転職活動版だと思っておけば大きくは外れない。街の不動産屋は大家さんから物件情報を預かり、その情報に基づいて家を借りたいと不動産屋に来た人に対して家を斡旋する。転職エージェントも、企業から求人情報を預かり、その情報に基づいて転職希望者に求人を紹介する。もちろん不動産仲介とは違うところもあるのだが、「お互い探している人たちの間に入ってマッチングを行う」という点では共通している。

転職エージェントをうまく活用して有利な転職活動を

転職者にとって、転職エージェントは求人案件の紹介を受けられて、さらには転職サポートやキャリアサポートも無料で受けられる非常に都合のいいサービスということになる。また、「非公開求人」と呼ばれている求人はそもそも転職エージェント経由でしか紹介を受けることができないので、エージェントを使うことで求人に対するリーチも広がる。

本サイトとしても、よほどの特殊事情がない限りは原則としてエージェント経由で転職活動を行うことをおすすめしたい。ただし、エージェントには色々なタイプの会社があるし、さらにはキャリアアドバイザーにも色んな人がいるので、エージェントの言うことを100%鵜呑みにするような使い方はおすすめしない。彼らには彼ら特有の行動原理があり、時には転職希望者と彼らとの間で利害が一致しないこともある。どのような点に気をつけるべきかはこのサイトの他の記事なども参照しつつ、ぜひエージェントの上手な使い方を身につけて欲しいと思う。

おすすめの転職エージェント

インテリジェンスDODA

求人数は100,000件、そのうち80%は非公開求人。総合型の転職エージェント。規模はリクルートエージェントに次いで2位。キャリアコンサルタントによるサポートは模擬面接を実施してくれるなど他社と比較しても厚い。とりあえずスタンダードに転職を検討するのであれば、まず登録しておきたいうちの一社。

 

私の友人の中にもDODA経由で内定を取った人がいる。率直に印象を聞いてみたところ、「色々とこちらの個人的な相談にも乗ってくれてよかった」ということで満足していた。その後彼は内定を辞退して転職活動を終えるというエージェントとしては不実の結果となったのだが、その時の対応も丁寧でよかったとのことだった。

パソナキャリア

転職エージェントへの参入が後発なため、規模は大手エージェントに比べると小さいものの、キャリアアドバイザーの教育レベルが高いという点でおすすめできるエージェント。

転職エージェントを使っていて嫌な気分になるのは、内定後に強引にクロージングを迫られたり、自らのノルマ達成のために「さっさと転職させてやろう」という魂胆が見えた時だろう。全員がそうだというわけではないが、たとえばリクルートエージェントなどは社風的にもそのような「イケイケ」なエージェントが少なからず在籍する。それに対して、パソナキャリアのエージェントは落ち着いたアドバイザーが多い印象がある。落ち着いて転職活動を進めたいという人にはおすすめできる。

レバテックキャリア

IT・Webエンジニア案件に特化した専門型転職エージェント。求人はすべてIT・Web系。それゆえ、担当のキャリアコンサルタントのIT専門知識は総じて高い。総合型の転職エージェントの場合、一応専門ということになっている人が担当してくれるものの、実際には担当者の知識が噛み合わずストレスを感じることがある。レバテックキャリアの場合は基本的にそのような心配はない。業界用語や専門用語もそのまま通じる。

紹介数については大手ほどではないものの、その人の人となりに応じて厳選して求人を紹介するという方針をとっているので、総合型では紹介されない案件を紹介してもらえることも少なくない。志望がIT・Web系と決まっているのであれば、ぜひ活用を検討したいエージェントのうちのひとつだ。

 - 転職エージェントの選び方 > 基礎知識