転職の掟

転職で後悔しないために知っておきたいこと

キャリコネ、転職会議など企業口コミサイトの信憑性はどれくらいあるのか?

   

talk-1034161_640

転職サイトの中には、企業のクチコミを中心的に扱った「転職(企業)クチコミサイト」と言われるサイト群がある。転職クチコミサイトとして有名なのは、主に以下の3つだ。

いずれのサイトも、見てみると上場企業の口コミだけでなく中小企業の口コミまで結構な数が掲載されており、自分がいま働いている会社や転職を検討している会社の口コミも見つかるかもしれない。口コミの投稿は匿名で行われ、会社の正の部分だけではなく負の部分まで知ることができるので、情報源として魅力的に感じる人もいると思う。

この手の企業クチコミサイトの問題は、「その情報がどこまで信頼できるかわからない」という点にある。企業クチコミサイトの情報を転職の参考にする場合は、その情報はどのぐらい信憑性があると考えるべきなのだろうか?

転職クチコミサイトの仕組み

そもそも、なぜこの手の転職クチコミサイトに企業の口コミが集まるのか、疑問に思ったことがある人はいないだろうか?自分が転職を検討している企業や、いま注目を集めている企業の口コミを「見たい」という気持ちは非常にわかるものの、自分がいま働いている企業の口コミをわざわざ「投稿したい」という気持ちは普通に考えるとあまり理解できるものではない。その割には、転職クチコミサイトには口コミがたくさん投稿されている。素朴に考えれば「見たい」>>「投稿したい」であるはずの口コミサイトに、実際には口コミがたくさん投稿されて回っているのはどういうわけなのだろうか?

このカラクリは、実際に転職クチコミサイトに投稿してみれば直ちに理解できるだろう。多くの転職クチコミサイトでは、口コミを見るための条件として、口コミを投稿することを課している。つまり、自分が転職を検討している企業の口コミがみたいのであれば、その前にまずいま働いている会社の口コミを書かなければならない。ユーザーの「見たい」という気持ちを原動力に、本来であれば集まりにくい口コミを集めているというわけだ。

これはなかなか巧妙で、実際に口コミも相当数が集まっているわけなのだが、そうなるとどうしても気になるのは投稿された口コミの信憑性だ。残念ながら、自由意志に基づく口コミよりも信憑性は下がると考えたほうがいいだろう。「早く目的の口コミを読みたい」と思ったユーザーがいい加減な書き込みをする可能性は低くないし、場合によっては自分が働いたことがない会社の口コミが投稿される可能性もある。たとえば、友達から飲み会で聞いた話を元ネタにして、友達の会社の社員であるかのように偽って投稿する人は実際少なくない。自分の会社の口コミを正直に書くのはいくら匿名でも相応のリスクがあるし、厳密に在籍確認をする方法があるわけでもないので、「なりすまし」もかなりあると思ったほうがいいだろう。

口コミの中にはウソも真実も混じっている

もちろん、だからと言って転職クチコミサイトに投稿された内容のすべてがウソだとは言えない。投稿者の中には今の職場で理不尽な目にあったことの怒りから口コミを書いている人もいるはずで、そういう情報は(その人なりのバイアスがかかっているものの)ひとつの真実であることには違いない。また、たとえ本当の在職者が投稿したものでないにしても、実際に友人から聞いた話を元にした投稿であれば、伝聞とはいえ一部には真実が含まれている可能性もある。火のないところに煙は立たないわけで、転職クチコミサイトで評判が悪い会社は、現実でもやはり評判が悪い可能性は否定できない。

結局のところ、口コミの中にはウソも真実も混じっている。本当のところは、実際に中で働いている人にしかわからない。昔、2ちゃんねるの管理人が「うそはうそであると見抜ける人でないと(掲示板を使うのは)難しい」と言っていたが、転職クチコミサイトもまさにこれと同じ空間だと思ってよい。利用にはメディアリテラシーが強く求められる。もちろん参考にはなるが、内容を批判的に見ていく姿勢は絶対に必要だろう。

とりあえず自分の会社の口コミを読んでみる

転職クチコミサイトの内容にどれだけウソと真実が混じっているのかの感覚を掴むには、とりあえずいま自分が働いている会社(あるいは過去に在職していたことがある会社)の口コミを見てみるといいと思う。「こんな話、聞いたことないぞ」というものから、「たしかに、この口コミの内容はあたっている」というものまで、おそらく玉石混淆な状態だと思われる。他の会社の口コミについても、大体同じような感じだと思っておけば感覚としては間違いない。

また、転職クチコミサイトは基本的に転職を意識している人が使うものである。ゆえに、口コミに一定のバイアスがかかっていることは否定できない。極端な話、「いまの会社を辞めたい」と思っている人が書き込むものなので、どうしてもネガティブな意見が集まりやすくなる。口コミを読むときには、そういう点も加味してなるべくフラットな気持ちで読むように心がけたい。

転職クチコミサイトの内容は鵜呑みにはせず、あくまで参考情報として接する

ここまで述べてきたように、転職口コミサイトに書かれている情報の信憑性は十分疑ってかかる必要があるものの、それを見てみること自体は私はアリだと考えている。ゴシップレベルの話だとしても、一部で「そういう話がある」というのは事実なので、そのことを知っておくこと自体は悪くない。ただし、鵜呑みにせずにあくまで参考程度にとどめておくことが大切だ。

企業の評判を知りたい場合、一番確実な情報源はやはり実際にそこで働いている人から話を直接聞くことだ。そういう知り合いがいるのであれば、そうするのが一番よい。二番目に確実な情報源は、転職エージェント経由で聞くことだろう。ただし、この場合はそのエージェントがどこまで対象の企業に深く入り込めているかに依存するし、あまり正直にネガティブな話をするのは彼らの利益に反するので、直接社員に話を聞くよりはやや情報の信憑性は落ちる。転職クチコミサイトで得た情報は、これらの情報を補足するための参考情報程度の位置づけにしておくとよいだろう。基本的にあの場所は、ウワサ話を見に行く場所だと思っていれば間違いない。

おすすめの転職エージェント

インテリジェンスDODA

求人数は100,000件、そのうち80%は非公開求人。総合型の転職エージェント。規模はリクルートエージェントに次いで2位。キャリアコンサルタントによるサポートは模擬面接を実施してくれるなど他社と比較しても厚い。とりあえずスタンダードに転職を検討するのであれば、まず登録しておきたいうちの一社。

 

私の友人の中にもDODA経由で内定を取った人がいる。率直に印象を聞いてみたところ、「色々とこちらの個人的な相談にも乗ってくれてよかった」ということで満足していた。その後彼は内定を辞退して転職活動を終えるというエージェントとしては不実の結果となったのだが、その時の対応も丁寧でよかったとのことだった。

パソナキャリア

転職エージェントへの参入が後発なため、規模は大手エージェントに比べると小さいものの、キャリアアドバイザーの教育レベルが高いという点でおすすめできるエージェント。

転職エージェントを使っていて嫌な気分になるのは、内定後に強引にクロージングを迫られたり、自らのノルマ達成のために「さっさと転職させてやろう」という魂胆が見えた時だろう。全員がそうだというわけではないが、たとえばリクルートエージェントなどは社風的にもそのような「イケイケ」なエージェントが少なからず在籍する。それに対して、パソナキャリアのエージェントは落ち着いたアドバイザーが多い印象がある。落ち着いて転職活動を進めたいという人にはおすすめできる。

レバテックキャリア

IT・Webエンジニア案件に特化した専門型転職エージェント。求人はすべてIT・Web系。それゆえ、担当のキャリアコンサルタントのIT専門知識は総じて高い。総合型の転職エージェントの場合、一応専門ということになっている人が担当してくれるものの、実際には担当者の知識が噛み合わずストレスを感じることがある。レバテックキャリアの場合は基本的にそのような心配はない。業界用語や専門用語もそのまま通じる。

紹介数については大手ほどではないものの、その人の人となりに応じて厳選して求人を紹介するという方針をとっているので、総合型では紹介されない案件を紹介してもらえることも少なくない。志望がIT・Web系と決まっているのであれば、ぜひ活用を検討したいエージェントのうちのひとつだ。

 - はじめての人のための転職入門 > おさえておきたい転職活動の基本