転職の掟

転職で後悔しないために知っておきたいこと

転職エージェントへの登録を断られてしまったらどうするか

   

despair-513529_640

「転職活動をするぞ!」と一念発起して転職エージェントに登録したものの、「現在ご紹介できる案件がございません」というメールが返ってきてあっさり登録を断られてしまうことがある。せっかく転職しようと決意して転職エージェントの門戸を叩いたのに、面談もしないうちから断られてしまうとかなりガッカリするものだ。自分の人材価値を全否定されたような気持ちになって転職活動すべてを放り投げてしまいたくなる人もいるかもしれないが、仮にひとつのエージェントから登録を断られたことですべてが終わるわけではない。転職エージェントへの登録を拒否されてしまった場合、今後どのようなやり方で転職活動を進めていけばいいのだろうか?

転職エージェントが登録をお断りする理由

そもそも、なぜ転職エージェントへの登録が断られてしまったのだろうか。これは「現在ご紹介できる案件がございません」というメッセージに実はストレートに理由が書かれている。転職エージェントは応募者の職務経験、年齢、能力などを元に案件とのマッチングを行うが、登録時に入力させた情報に照らしてマッチングの望みが薄いとなると、面談の手間すら省いて登録を「お断り」してくる。求人案件を紹介できなければ、当然そこから内定に至ることもないので、エージェントの売上には絶対にならない。エージェントからそう思われてしまった登録者は、残念ながら事前に足切りされてしまう。

エージェントが求職者の足切りをする基準は公表されているわけではないし、紹介会社によっても幅はあるだろうが、たとえば以下のような属性を持っているとエージェントへの登録が断られてしまう可能性がある。

  • 転職回数が過度に多い
  • 年齢が高い
  • 年齢の割に職務経験が薄い

なお、これらは具体的に足切りのしきい値が決まっていて、それに抵触すると自動的に足切りになるというわけではないようだ。年齢が◯歳以上→NGという機械的な判断ではなく、諸条件を勘案した結果「この人に紹介できる案件はあるか?」という総合評価が入るので当然ブレもある。

また、他にもどちらかというと応募者側の都合ではなく、エージェント側の都合で登録が断られる可能性がある。たとえば以下のような理由だ。

  • 景気動向により、求人案件の絶対数が不足している
  • 求職者の転職希望職種の扱いがそもそもない

理由がどんなものであっても、一度断られてしまったエージェントには基本的にはもう登録できないので(短期的な話として。ある程度時間をおけば状況も変わるので登録できることはある)、あまりそのことを悔やんでも建設的ではない。ダメだったのであれば次に具体的に何をするかのほうが何倍も大切だ。

登録するエージェントを変えれば大丈夫なこともある

ひとつの転職エージェントに断られたからと言って、自分の人材価値はゼロなんだと落ち込む必要は別にない。転職エージェントが変わればマッチングの方法も変わるので、万が一登録を断られてしまったら他のエージェントに登録してみればいい。「このエージェントに登録を断られたら、すべてのエージェントで登録を断られる」といったようなエージェントは存在しないので、とりあえず対象を変えて試してみよう。

大手のエージェント(リクルートエージェント、インテリジェンスDODA、JACリクルートメントなど)がダメだったのなら、専門特化型や小さい個人事業のようなエージェントなど規模を変えて再チャレンジしてみるのもいいだろう。また、同じエージェントであっても人材紹介ビジネスは景気動向の影響を激しく受けるので、数年後にまた登録してみると今度はすんなり登録できる、ということもある。転職エージェントはヘッドハンターと呼ばれることもあるので(これはヘッドハンターの本来の意味に照らすとちょっとおかしいのだが)ハイクラス人材にしか使用できない特別なサービスだと勘違いしている人がいるが、そこまで敷居が高いものではないのでとりあえず色々と登録してみるといいだろう。断られると精神的にはつらいものの、実質的な損はない。「ダメで元々」と割りきってまずは色んなエージェントを試してみることをおすすめする。

転職エージェントを使わない転職活動もできる

転職エージェントが使用できると転職活動が有利に勧められるのは事実だが、エージェントを使わないと転職活動ができなくなるというわけでもない。エージェントではなく転職サイトに登録して案件をさがして直応募することもできるので、別に転職の目が絶たれたわけではないのであまりエージェントに固執しすぎるのも考えものだ。

もっとも、エージェントは案件の紹介を受けられるだけでなく、情報源や転職のノウハウを取得する場としても活用できるので、使えるのであれば使ったほうがいい。そこでおすすめしたいのは、転職サイトなどで仕事をさがすことと、エージェントへの登録を並行して行っていくことだ。

また、時間が許すのであれば、自分の希望業種の景況感が改善するまで様子を見るという方法もある。その間は職務経歴をパワーアップさせることに時間を使うといいだろう。一点注意点を言うとすれば、人材価値をあげようと考えてすぐに「資格」には飛びつかないことだ。詳しくは転職に役立つ資格は存在するのかというエントリに書いたのでそちらを読んで欲しいが、転職活動で資格を持っていることで有利になることは稀なので、それよりも直接のアピールポイントになる職務経歴を磨くことに専念したほうが投資対効果は高いと言える。

おすすめの転職エージェント

インテリジェンスDODA

求人数は100,000件、そのうち80%は非公開求人。総合型の転職エージェント。規模はリクルートエージェントに次いで2位。キャリアコンサルタントによるサポートは模擬面接を実施してくれるなど他社と比較しても厚い。とりあえずスタンダードに転職を検討するのであれば、まず登録しておきたいうちの一社。

 

私の友人の中にもDODA経由で内定を取った人がいる。率直に印象を聞いてみたところ、「色々とこちらの個人的な相談にも乗ってくれてよかった」ということで満足していた。その後彼は内定を辞退して転職活動を終えるというエージェントとしては不実の結果となったのだが、その時の対応も丁寧でよかったとのことだった。

パソナキャリア

転職エージェントへの参入が後発なため、規模は大手エージェントに比べると小さいものの、キャリアアドバイザーの教育レベルが高いという点でおすすめできるエージェント。

転職エージェントを使っていて嫌な気分になるのは、内定後に強引にクロージングを迫られたり、自らのノルマ達成のために「さっさと転職させてやろう」という魂胆が見えた時だろう。全員がそうだというわけではないが、たとえばリクルートエージェントなどは社風的にもそのような「イケイケ」なエージェントが少なからず在籍する。それに対して、パソナキャリアのエージェントは落ち着いたアドバイザーが多い印象がある。落ち着いて転職活動を進めたいという人にはおすすめできる。

レバテックキャリア

IT・Webエンジニア案件に特化した専門型転職エージェント。求人はすべてIT・Web系。それゆえ、担当のキャリアコンサルタントのIT専門知識は総じて高い。総合型の転職エージェントの場合、一応専門ということになっている人が担当してくれるものの、実際には担当者の知識が噛み合わずストレスを感じることがある。レバテックキャリアの場合は基本的にそのような心配はない。業界用語や専門用語もそのまま通じる。

紹介数については大手ほどではないものの、その人の人となりに応じて厳選して求人を紹介するという方針をとっているので、総合型では紹介されない案件を紹介してもらえることも少なくない。志望がIT・Web系と決まっているのであれば、ぜひ活用を検討したいエージェントのうちのひとつだ。

 - 転職エージェントの選び方 > 賢い選び方