転職の掟

転職で後悔しないために知っておきたいこと

中小企業から大企業への転職はできない、というウソ

   

building-919067_640

転職の世界には、「中小企業から大企業への転職はできない」という都市伝説がある。就職活動中の大学生に、「大きいところから小さいところは簡単に行けるけど、小さいところから大きいところへは行けないから最初は大企業に入ったほうがいいよ」というアドバイスをする人がいることからもわかるように、この「中小企業から大企業への転職はできない」という言説を信じている人は結構多いようだ。

この考え方は、事実無根とまでは行かないまでも正しいとも言えない。実際には、中小企業から大企業への転職を成功させる人もいるし、それが不当に難しすぎるということもない。もちろん、職種によって難易度は違うものの、ここは一括りに「できない」と断言するほどの壁ではない。私の知り合いにも、中小企業からキャリアをスタートさせて大企業へ転職したという人は結構多い。もし「転職すればするほど、会社の規模は下がるのが普通」という転職感を持っているとしたら、それは間違いである。

企業の規模よりも職務経歴が大切

転職活動の際に大事なのは、出身企業の規模よりも圧倒的に職務経歴だ。新卒の就職活動で大学名がある程度の重みを持っていたのと同じように、出身の会社名も重みを持つと思ったらそれは大間違いである。どんな有名企業の出身者であっても職務経歴が企業の求めているものと違えば内定は出ないし、逆に無名の企業出身でも職務経歴を見て「この人はまさにいま必要としている人材だ」と相手の企業に思ってもらえれば内定は出る。企業が欲しいのはあくまで即戦力であって、有名企業の出身者というわけではない。

もっとも、職務経歴が正当に評価されやすいかどうかという点で、出身企業の規模による事実上のハンデはある。大企業ともなれば事業の規模も大きくなるので、必然的に職務経歴書の内容は華々しいものになりやすい。チームの人数も、予算の規模も、売上額も、中小企業のそれよりは高くなりがちだ。一方で、中小企業の場合どうしてもチームは少人数、予算の規模も売上も見劣りするということになる。単純に職務経歴書だけ並べた場合は、残念ながら大企業出身者のほうが良いものに見える可能性は高い。

ただし、それはあくまで書類上の話であって、実際には面接がある。大企業は事業の規模こそ大きいものの、メンバーの一人が関われる領域は多くの場合ほんの一部だ。大企業出身者はしばしば「アレオレ詐欺」(=著名なサービスや事業の立ち上げにほんの少しだけ携わったことを盛って「あれは俺がやった」と吹聴すること)を行おうとするが、面接官もバカではないので突っ込んだ話をしてシドロモドロになる人は落とされる。逆に、中小企業出身者でも面接で突っ込んだ話をして「この人はイケてる」となれば内定できる。

たとえ今の企業規模が小さくても、自分のやっている仕事が大企業でも通用するという自信があるなら臆さず受けてみたほうがいい。冷静に考えれば、大企業出身者というだけで無条件ですごい人だということの証明にはならないのだから、「大企業は大企業からしか人をとらない」というのは一部の特殊事例を除けばウソだということがすぐわかる。

職種によって難易度は異なる。エンジニア職などは有利。

小さい規模から大きい規模の会社へと転職する場合、その難易度は職種によって異なるのが普通だ。職種によっては企業規模がそのまま仕事の内容に直結してしまい、なかなか企業規模の違う会社へは転職しづらいということが実際にはある。

基本的に、実力の客観的な証明がしやすいエンジニア職などは、企業規模の異なる転職も容易だ。たとえ小さな会社の出身であっても、職務経歴に加えてGitHubのコードや技術ブログの記事、勉強会での発表資料などがあれば大企業出身者とくらべて見劣りすることは普通ない。それでも大企業出身者と競り負けたというのであれば、それは出身企業の差というより純粋に実力の差だ。そうであれば、また実力を磨いて再度チャレンジすればいい。

大企業の転職にこだわる必要はあるのか

もっとも、「中小企業から大企業へ転職できる」からと言って、「中小企業から大企業へ転職したほうがいい」ということにはならないのでその点は注意したほうがいいだろう。大企業への転職を志向する人は、「大企業なら給料も高いし安定もしているし、でかい仕事もできる」と大企業を不当に高く評価している場合が少なくない。

実際には大企業に転職して給料が下がってしまうことも少なくないし、安定なんてものはこれからの日本社会では幻想にすぎないので追うだけムダである。仕事の規模はでかくなるかもしれないが、その分スピードは下がるしセクショナリズムで一部分にしか関われないし、社内政治に巻き込まれるかもしれない。大企業で働くことには、中小企業とはまた違った苦労がある。大企業への転職を、まるで大学受験で東大・京大に入るかのように無条件でいいものと考えると痛い目にあう。

ベンチャー企業のような小さい規模の会社から大企業へ転職し、少し働いてみて「あ、やっぱり自分は大企業は向いてないな」と確信してまたベンチャー企業などに戻る、というコースを辿る人も少なくない。働く場所に関しては、必ずしも「大は小を兼ねる」というわけにはいかないので、転職活動の企業選びは「大企業」のステレオタイプなイメージに引きずられることなく、自分の判断軸で行うことがいちばん大切だ。

おすすめの転職エージェント

インテリジェンスDODA

求人数は100,000件、そのうち80%は非公開求人。総合型の転職エージェント。規模はリクルートエージェントに次いで2位。キャリアコンサルタントによるサポートは模擬面接を実施してくれるなど他社と比較しても厚い。とりあえずスタンダードに転職を検討するのであれば、まず登録しておきたいうちの一社。

 

私の友人の中にもDODA経由で内定を取った人がいる。率直に印象を聞いてみたところ、「色々とこちらの個人的な相談にも乗ってくれてよかった」ということで満足していた。その後彼は内定を辞退して転職活動を終えるというエージェントとしては不実の結果となったのだが、その時の対応も丁寧でよかったとのことだった。

パソナキャリア

転職エージェントへの参入が後発なため、規模は大手エージェントに比べると小さいものの、キャリアアドバイザーの教育レベルが高いという点でおすすめできるエージェント。

転職エージェントを使っていて嫌な気分になるのは、内定後に強引にクロージングを迫られたり、自らのノルマ達成のために「さっさと転職させてやろう」という魂胆が見えた時だろう。全員がそうだというわけではないが、たとえばリクルートエージェントなどは社風的にもそのような「イケイケ」なエージェントが少なからず在籍する。それに対して、パソナキャリアのエージェントは落ち着いたアドバイザーが多い印象がある。落ち着いて転職活動を進めたいという人にはおすすめできる。

レバテックキャリア

IT・Webエンジニア案件に特化した専門型転職エージェント。求人はすべてIT・Web系。それゆえ、担当のキャリアコンサルタントのIT専門知識は総じて高い。総合型の転職エージェントの場合、一応専門ということになっている人が担当してくれるものの、実際には担当者の知識が噛み合わずストレスを感じることがある。レバテックキャリアの場合は基本的にそのような心配はない。業界用語や専門用語もそのまま通じる。

紹介数については大手ほどではないものの、その人の人となりに応じて厳選して求人を紹介するという方針をとっているので、総合型では紹介されない案件を紹介してもらえることも少なくない。志望がIT・Web系と決まっているのであれば、ぜひ活用を検討したいエージェントのうちのひとつだ。

 - はじめての人のための転職入門 > おさえておきたい転職活動の基本