転職の掟

転職で後悔しないために知っておきたいこと

転職エージェントとの相性が合わないと思った時にすべきこと

   

geese-14494_640

転職エージェントを利用する場合、担当者との相性は転職活動の成功・不成功を左右する非常に重要な要素となる。どんなに求人数が豊富で評判が良いエージェントに登録したとしても、担当者との相性が悪いと感じるのであれば転職活動がうまくいかなくなる可能性はかなり高い。転職エージェントを利用した転職活動の良し悪しは、どの会社に登録するかといった「組織」の問題だけでなく、実際に担当者とうまくやっていけるかといった「人」の問題によっても決まってくる。

実際にエージェントに登録してみて面談をした結果、「この人とは合わないな」と感じたのであればそれを我慢する必要はまったくない。会社で仕事をするというのであれば多少は苦手な人とも頑張ってつきあわなければならないが、エージェントのキャリアアドバイザーが合わないというのであれば担当者を変えるなり、あるいは使うエージェントごと変更するなりしたほうがいい。

たまに「担当者が合わない」と思いつつも我慢して同じエージェントを使い続けている人がいるが、それは意味がないばかりか害しかないので、直ちに何かしらの行動を取ったほうがいいだろう。

合うか合わないかは人それぞれ。自分が合わないと思ったのであればそれは正しい。

転職エージェントの担当者に限らず、およそ人付き合い全般に言えることとして、「合う」「合わない」はすべて個人の感じ方次第である。多くの人から好かれているAさんのことを「実は苦手だ」と感じる人も一定数いるし、逆にみんなから厄介者扱いされているBさんと気が合う人だっている。相性に関しては、客観的な基準は存在せずほとんど自分の主観がすべてだと考えても差し支えない。

たとえば、転職活動を進めていく中で「あなたは◯◯の能力が弱い」と指摘されたとして、これをどう感じるかは本当に人それぞれだ。「フィードバックを受けられてありがたい。自分の弱みがわかって参考になった」と思う人もいれば、「ネガティブなことを直接言われて心が傷つけられた」と思う人もいる。これはどちらが悪いということではなく、自分はそういう感じ方をするというだけの話だ。

キャリアアドバイザーも人によって能力に幅があるので、中には「誰から見ても、明らかにこの人はダメだ」と思う人もいる。そういう担当者に当たってしまった場合は、問答無用で切ればいい。それ以外でも「なんだか、この人とはちょっとうまくやっていけそうにないな」と個人的に感じたというのであれば、それでエージェントを切ってしまっても特に問題はない。

「信頼できないな」と思った時が切り時

担当者と面談などで話していて「この人は、信頼できないな」と感じたとしたら、その時は間違いなく切り時である。転職エージェントを利用した転職を成功させたいのであれば、エージェントとの信頼関係は命綱だと言ってもいい。信頼関係が維持できない相手と一緒に転職活動をするというのはありえない。

なぜかこちらの希望する条件とは違った案件ばかりを紹介してくるとか、色々と希望を挙げた結果「そんなんじゃ転職なんてできませんよ!」とキレられたり、あるいはビジネスマナーがおかしく社会人として大丈夫なのかと不安になったり、「このエージェント、信頼していいのか?」と疑問を抱くタイミングは色々とある。そういうもやもやした気持ちを抱きながら転職活動を続けることはできない。信頼関係は一番の根底なので、それが揺らいだら一度立ち止まり、ぜひそのエージェントの関係を見直すようにしたい。

担当者は多くの場合、変更できる。ただし情報は引き継がれるので注意。

ほとんどの転職エージェントでは、担当者を変更することができる。担当者本人ではなくその会社の窓口に連絡して「担当者を変えて欲しい」旨を伝えればいい。大手であれば変更はほぼ確実にできる。個人事業に近い零細型のエージェントだと代わりになる人がいないという問題で厳しいかもしれないが、そういう時は別のエージェントを利用することにすればいいだろう。

ただし、忘れてはいけないのはたとえ担当者を変えた場合でも、同じエージェント使う場合は情報がそのまま引き継がれるという点だ。前任のエージェントと良好な関係を築けなかった場合、そのことは後任のエージェントにも伝わっている。前任の担当者が社内でもどちらかというと評価が低く、「まあ変えて当然だよね」というのであれば特に問題ないが、逆に前任者が社内評価の高い人物だった場合は「もしかしたら、求職者のほうに問題があるのでは?」という予断を抱かれる可能性は否定できない。もちろん彼らもプロなのでそういう予断は抱かないようにしようと心がけているだろうが、人間なので完全に予断を排除することはできないだろう。

他のエージェントを使うという選択肢もある

そういう意味では、会社を変更せずに担当者だけ変えてもらうよりも、使うエージェントごと変更したほうが気楽といえば気楽である。その場合、前任者は存在しないので情報が引き継がれて負のバイアスを受けることもない。

転職エージェントを複数利用しているのであれば、とりあえず合わないエージェントは「フェードアウト」することで対応すればいいだろう。担当者と合わなかったリスクを分散するという意味でも、転職エージェントは基本的に複数社利用するようにしたいものだ。

おすすめの転職エージェント

インテリジェンスDODA

求人数は100,000件、そのうち80%は非公開求人。総合型の転職エージェント。規模はリクルートエージェントに次いで2位。キャリアコンサルタントによるサポートは模擬面接を実施してくれるなど他社と比較しても厚い。とりあえずスタンダードに転職を検討するのであれば、まず登録しておきたいうちの一社。

 

私の友人の中にもDODA経由で内定を取った人がいる。率直に印象を聞いてみたところ、「色々とこちらの個人的な相談にも乗ってくれてよかった」ということで満足していた。その後彼は内定を辞退して転職活動を終えるというエージェントとしては不実の結果となったのだが、その時の対応も丁寧でよかったとのことだった。

パソナキャリア

転職エージェントへの参入が後発なため、規模は大手エージェントに比べると小さいものの、キャリアアドバイザーの教育レベルが高いという点でおすすめできるエージェント。

転職エージェントを使っていて嫌な気分になるのは、内定後に強引にクロージングを迫られたり、自らのノルマ達成のために「さっさと転職させてやろう」という魂胆が見えた時だろう。全員がそうだというわけではないが、たとえばリクルートエージェントなどは社風的にもそのような「イケイケ」なエージェントが少なからず在籍する。それに対して、パソナキャリアのエージェントは落ち着いたアドバイザーが多い印象がある。落ち着いて転職活動を進めたいという人にはおすすめできる。

レバテックキャリア

IT・Webエンジニア案件に特化した専門型転職エージェント。求人はすべてIT・Web系。それゆえ、担当のキャリアコンサルタントのIT専門知識は総じて高い。総合型の転職エージェントの場合、一応専門ということになっている人が担当してくれるものの、実際には担当者の知識が噛み合わずストレスを感じることがある。レバテックキャリアの場合は基本的にそのような心配はない。業界用語や専門用語もそのまま通じる。

紹介数については大手ほどではないものの、その人の人となりに応じて厳選して求人を紹介するという方針をとっているので、総合型では紹介されない案件を紹介してもらえることも少なくない。志望がIT・Web系と決まっているのであれば、ぜひ活用を検討したいエージェントのうちのひとつだ。

 - 転職エージェントの選び方 > 賢い選び方