転職の掟

転職で後悔しないために知っておきたいこと

「社内ニート脱出」を目的に転職する人が気をつけるべきこと

      2016/02/15

wai-o-tapu-1049807_640

転職を思い立つ理由は人によって様々だが、中には「今の職場がぬるすぎるから転職したい」と考える人もいる。残業ゼロで仕事量も少なく、社内の雰囲気もゆるい。ダラダラと喋りながら仕事をして、定時になったらみんな「サッ」と帰宅する。ホワイト企業志向の強い人から見ればまるで天国のような職場だが、このような職場を「ぬるすぎる」という理由で苦痛に感じる人もいる。中にはこれよりさらに進んで、社内にまったく仕事がない、「社内ニート」のような状況に置かれていることに苦しんでいる人達もいる。

こういう人たちには、ぜひ転職という形で今の環境を変えることを検討してほしいと思うのだが、その際にはいくつか気をつけるべきことがある。

ぬるい環境から抜け出すために、転職が必要な人たち

私の前職のとある古参社員は、新卒で銀行に入社したものの、配属された部署があまりにもぬるすぎる部署で、毎日毎日職場でダラダラと過ごすのが地獄のような苦しみだったと語っていた。その人は結局ぬるい環境を脱出するため(当時は)ベンチャー企業だった私の前職に転職し、結果的に毎日超多忙な日々を送ることになった。転職前に比べて業務量は飛躍的に上昇したものの、仕事自体は概ね満足の行くもので、さらには会社の成長に貢献して相応の報酬なども貰っていたようなので、彼の転職は成功だったと言えるだろう。

彼のような「ぬるい環境は耐えられない、もっと働きたい」と強く思っていなくても、ぬるい環境を脱出したほうが長期的にはその人のためになるという場合もある。ぬるい職場はたしかに短期的には居心地がいいものだが、ぬるい職場でぼんやりと過ごしているだけだと何の能力(スキル)も身につかない。余暇活動などで補えればいいがそれもできない場合、何らかの理由でぬるい職場から放り出された時に(異動や会社の倒産、吸収合併など環境変化の要因はいくらでもある)本気で露頭に迷う可能性がある。「いま、この職場から放り出されたら何もできない」と思う人は、今すぐにではないにせよ長期的には何らかの方法で特定の会社に依存しないスキルを身に付ける方策を練ったほうがいい(参考:ひとつの会社に依存しないために、転職しても使えるスキルを優先して身に付ける)。

激務な職場に転職しさえすればいいというわけではない

「ぬるい環境から抜け出す」ことを転職の第一目的に据えた場合、転職先の候補には自然と激務な職場が上がることになるだろう。たとえば、外資系の戦略コンサルティングファームや、投資銀行、設立間もないベンチャー企業(スタートアップ)などが考えられるが、気をつけなければならないのは「とりあえず激務な職場に転職すればいい」というわけではないということだ。

いまのぬるい職場にうんざりしている人は、とにかくやりがいのある仕事がたくさんできれば何でもいいと思ってしまいがちだが、一度冷静になって「激務の先に得られるものは何なのか。自分はそれを得たいと思うか」を考えてみる時間を取ることを勧めたい。今はそう思っていなくても、実際に激務な職場で働きはじめてみると、肉体的・精神的プレッシャーをかなり感じることになる。その時に頑張っていくためには「なぜ自分はそれをやるのか?」が明確になっていなければならない。

たとえばコンサルティング・ファームを目指すなら、3年か5年ぐらいで卒業してその後は自分で事業をやろうと決めておくとか、スタートアップにジョインするならその会社をどう成長させてどのように社会を変えたいと考えているのかなど、「とにかく忙しく働きたい」という動機よりひとつ深く転職の理由を考えるようにしておこう。そうしないと、いざ働きはじめた後にどこかで心が折れてしまう可能性がある。

「ぬるい職場から抜け出したい」という志望動機は面接ではNG

また、これはテクニカルな話になるが、面接の志望動機で「いまの職場は自分にとってはぬるい、もっとバリバリと働きたい」とストレートに言ってしまうのは基本的に辞めたほうがいい。これは一見、「やる気がある」ように見えて高評価だと思えなくもないが、実際にはこのような受け答えをする人の評価は高くない。

この受け答え方がマズいのは、「いまの職場で何を成し遂げたか」という成功体験がまったく入っていない点だ。それどころか「いまの職場はぬるい」という形で、成功体験がないことをすべて環境のせいにしてしまっている。これは非常に心証が悪い。

これはとあるベンチャー企業の採用担当者に聞いた話だが、「いまのぬるい環境を抜けだしたい、厳しい職場で成長したい」としか言ってこない求職者は、雇っても結局会社への不満ばかりですぐに辞めてしまうという。環境がその人のパフォーマンスに影響を与えることは事実だが、「なんでもかんでも環境のせい」にしようとする態度はどの会社でも嫌われるので気をつけよう。今の職場のぬるさについては特に言及せず、ファクトベースで職務経験や成功体験について語るほうが何倍もいいので、「ぬるい環境を抜け出したい」と面接で言うつもりだった人は気をつけて欲しい。

逆に、この「ぬるい環境を抜け出したい」という動機が深く刺さるような会社は、ブラック企業である危険性すらあるので注意が必要だ。そういう会社は、能力ではなくやる気しか見ておらず、人材を使い潰すつもりで採用を行っている。そういう会社には関わってはいけない。

社内ニート状態の悩みを誰に相談するか

これは実際に社内ニート状態に陥った人から聞いた話なのだが、「社内ニートがつらい」という悩みはなかなか相談しづらい悩みだという。日本社会ではいまのところ「社内ニート」で悩む人よりも「働きすぎ」で悩む人のほうが多いので、たとえば気の置けない友人に「社内ニート状態でつらい」という悩みを相談しても、冗談だと捉えられてしまうか、「羨ましいなぁ、変わって欲しい」と返されてしまってあまり深く相談できないことが少なくない。そういう状況が一層、つらい気持ちを大きくしていく。

友人・知人があまり相談相手としてふさわしくないというのであれば、転職エージェントに相談することを検討してみるのはいいかもしれない。彼らは職業上多くの求職者に接しているので、似たような悩みにも何度か接しているだろうし、「実際に仕事を紹介できる」という立場上、提示できる選択肢もその分多い。もちろん、彼らも商売なので彼らの言われるがままに転職をする必要はまったくないのだが、利用できるものはうまく利用していきたいものだ。

おすすめの転職エージェント

インテリジェンスDODA

求人数は100,000件、そのうち80%は非公開求人。総合型の転職エージェント。規模はリクルートエージェントに次いで2位。キャリアコンサルタントによるサポートは模擬面接を実施してくれるなど他社と比較しても厚い。とりあえずスタンダードに転職を検討するのであれば、まず登録しておきたいうちの一社。

 

私の友人の中にもDODA経由で内定を取った人がいる。率直に印象を聞いてみたところ、「色々とこちらの個人的な相談にも乗ってくれてよかった」ということで満足していた。その後彼は内定を辞退して転職活動を終えるというエージェントとしては不実の結果となったのだが、その時の対応も丁寧でよかったとのことだった。

パソナキャリア

転職エージェントへの参入が後発なため、規模は大手エージェントに比べると小さいものの、キャリアアドバイザーの教育レベルが高いという点でおすすめできるエージェント。

転職エージェントを使っていて嫌な気分になるのは、内定後に強引にクロージングを迫られたり、自らのノルマ達成のために「さっさと転職させてやろう」という魂胆が見えた時だろう。全員がそうだというわけではないが、たとえばリクルートエージェントなどは社風的にもそのような「イケイケ」なエージェントが少なからず在籍する。それに対して、パソナキャリアのエージェントは落ち着いたアドバイザーが多い印象がある。落ち着いて転職活動を進めたいという人にはおすすめできる。

レバテックキャリア

IT・Webエンジニア案件に特化した専門型転職エージェント。求人はすべてIT・Web系。それゆえ、担当のキャリアコンサルタントのIT専門知識は総じて高い。総合型の転職エージェントの場合、一応専門ということになっている人が担当してくれるものの、実際には担当者の知識が噛み合わずストレスを感じることがある。レバテックキャリアの場合は基本的にそのような心配はない。業界用語や専門用語もそのまま通じる。

紹介数については大手ほどではないものの、その人の人となりに応じて厳選して求人を紹介するという方針をとっているので、総合型では紹介されない案件を紹介してもらえることも少なくない。志望がIT・Web系と決まっているのであれば、ぜひ活用を検討したいエージェントのうちのひとつだ。

 - はじめての人のための転職入門 > 転職タイプ別の注意点