転職の掟

転職で後悔しないために知っておきたいこと

ひとつの会社に依存しないために、転職しても使えるスキルを優先して身に付ける

      2016/02/15

luggage-1081872_640

終身雇用が過去のものになりつつある現代では、「転職」というオプションを持つことはすべての会社員にとって必要なことである。ひとつの会社に依存する人生設計は、不測の事態に対してあまりにも脆い。仮に、今の会社が好きで働くのが楽しく不満がまったくなかったとしても、未来はどうなるかわからない。いざというときは会社の外でも自分の活躍の場所が見つけられるように、「会社の外に出られる用意」はつねに怠らないようにしておきたい。

ひとつの会社に依存しないで生きるためには、会社の中から評価されるスキルだけでなく、会社の外でも評価されるスキルを伸ばしていく工夫が必要だ。このような、ひとつの会社に依存していない、転職しても通用するスキルのことを「ポータビリティスキル」という名前で呼ぶことがある。昔風の言い方をすれば、「つぶしがきく」スキルということになるだろうか。

たとえば、自分がエンジニア職だったと仮定して、会社で独自開発しているフレームワークの使い方にいくら精通しても残念ながらそのスキルは会社を変えたらほとんど役には立たなくなってしまう。一方で、オープンソース化され広くシェアを持っているフレームワークの使い方に精通すれば、会社を変えてもそのスキルは同じように使うことができる。

その会社の中でしか通用しないスキルでも、精通すれば社内評価は上がるので自分の価値も同時に上がっているような気持ちになることがあるが、これは完全に錯覚だ。このことは、自分で意識していないと気づきにくいので注意を要する。

ポータビリティスキルが身につく業務に優先して取り組む

そうは言っても、自分のやる業務は会社の命令次第なので、ポータビリティスキルが身につくかどうかは運次第だと思う人がいるかもしれない。たしかに、運の側面もあるものの、ある程度は自分でコントロールすることもできる。

まずできることは、力の入れ具合を変えていくという方法だ。どんな会社でも、「ポータビリティスキルが身につかない業務」と「ポータビリティスキルが身につく業務」は混在しているのが普通だ。それならできるだけポータビリティスキルが身につく業務を率先して行うように自分で力の入れ具合を調整していけばいい。意気込みとしては、社内で一番その業務(ポータビリティスキルが身につく業務)に詳しい人になるぐらいの気持ちで取り組めば、自然とそれに関連する仕事が依頼されるようになり、自分の業務の中でポータビリティスキルが身につくものに関わる割合が増えていく。

キャリア面談でポータビリティスキルがつく方向に誘導する

もうひとつの方法は、キャリア面談などでポータビリティスキルが身につく業務に関われるようにつねに希望を出し続けることだ。当然だが、「他の会社に行っても通用するようなスキルが身につく業務がしたくて」と正直に理由を言ってはいけない。一応、会社としても応援したくなるようなもっともらしい理由をつけつつ、実際にはポータビリティスキルが身につく業務に関われる方向に誘導していくのだ。

なお、ポータビリティスキルはプログラミング言語やフレームワークといったような特定の技術だけでなく、コミュニケーションスキルや思考力なども含めて考えるのが普通だ。そういう意味では、ポータビリティスキルがまったく身につかない業務というのは会社にはあまり存在しない。その会社独自開発のフレームワークやマイナーなプログラミング言語でも、設計思想レベルまで遡れば必ずどこかで応用は効く。結局は、取り組み方の問題だと言えないこともない。普段から「他の会社にいま自分が行くことになったらどうするか?」を意識するだけでもだいぶ違うだろう。

定期的に社外の人との接点を持つ

特定の会社の中だけでなく、業界全体でいまどのようなスキルに価値があるかは、社内だけしか見ていないとなかなかわからない。定期的に社外の人とも接点を持つようにして、いま働いている会社以外の視点も持つようにすべきだろう。

社外の人と接点を持つには、たとえば他の会社に就職した同業の友人と飲みに行ったり、社外で行われる勉強会に顔を出してみるなどの方法がある。IT系であれば毎日どこかで勉強会が開催されているので、たとえばATNDconnpassなどで探してみるといい。

また、いま自分の業界でどのようなスキルが求められているか知るためには、実は転職活動をしてみるのが一番の近道だったりもする。その際は、ひとりでやるよりも転職エージェントを活用することをおすすめしたい。転職エージェントのキャリアアドバイザーは、日常的に大量の求人と転職希望社のマッチングを行っているため、応募者のスペックを見ればだいたいどのぐらいの会社に内定できるか、年収はどのぐらいで契約できるかについての肌感覚を持っている。本当に転職するかはともかく、情報源として活用できる(「いま◯◯の人材がよく動いている」「✕✕という求人が非常に多い」など)ので、うまく活用する方法を考えてみてもいいだろう。

おすすめの転職エージェント

インテリジェンスDODA

求人数は100,000件、そのうち80%は非公開求人。総合型の転職エージェント。規模はリクルートエージェントに次いで2位。キャリアコンサルタントによるサポートは模擬面接を実施してくれるなど他社と比較しても厚い。とりあえずスタンダードに転職を検討するのであれば、まず登録しておきたいうちの一社。

 

私の友人の中にもDODA経由で内定を取った人がいる。率直に印象を聞いてみたところ、「色々とこちらの個人的な相談にも乗ってくれてよかった」ということで満足していた。その後彼は内定を辞退して転職活動を終えるというエージェントとしては不実の結果となったのだが、その時の対応も丁寧でよかったとのことだった。

パソナキャリア

転職エージェントへの参入が後発なため、規模は大手エージェントに比べると小さいものの、キャリアアドバイザーの教育レベルが高いという点でおすすめできるエージェント。

転職エージェントを使っていて嫌な気分になるのは、内定後に強引にクロージングを迫られたり、自らのノルマ達成のために「さっさと転職させてやろう」という魂胆が見えた時だろう。全員がそうだというわけではないが、たとえばリクルートエージェントなどは社風的にもそのような「イケイケ」なエージェントが少なからず在籍する。それに対して、パソナキャリアのエージェントは落ち着いたアドバイザーが多い印象がある。落ち着いて転職活動を進めたいという人にはおすすめできる。

レバテックキャリア

IT・Webエンジニア案件に特化した専門型転職エージェント。求人はすべてIT・Web系。それゆえ、担当のキャリアコンサルタントのIT専門知識は総じて高い。総合型の転職エージェントの場合、一応専門ということになっている人が担当してくれるものの、実際には担当者の知識が噛み合わずストレスを感じることがある。レバテックキャリアの場合は基本的にそのような心配はない。業界用語や専門用語もそのまま通じる。

紹介数については大手ほどではないものの、その人の人となりに応じて厳選して求人を紹介するという方針をとっているので、総合型では紹介されない案件を紹介してもらえることも少なくない。志望がIT・Web系と決まっているのであれば、ぜひ活用を検討したいエージェントのうちのひとつだ。

 - はじめての人のための転職入門 > キャリアコラム