転職の掟

転職で後悔しないために知っておきたいこと

転職エージェントに登録したのに放置されるのはなぜ?

      2016/02/15

neglected-horse-810745_640

転職エージェントに登録したのにも関わらず、最初の面談以降、まったく求人が紹介されずに音沙汰がない……という話をたまに耳にする。

せっかく転職しようと前向きな気持に成っているのに、放置されてしまうというと精神的ダメージは大きいものだ。「面談で何かよくないことを言ったのだろうか」とか「自分はまったく市場価値がないのだろうか」と不安になってしまう人もいるだろう。このことだけ取り上げて、「転職エージェントはどうせ登録しても案件を紹介してくれないから意味がない」という誤った一般化をしている例すら見かける。

なぜ、転職エージェントに登録できたにもかかわらず、求人紹介の段階で放置されてしまうのだろうか?そして、放置されてしまったらどのように対処すればいいのだろうか。

門前払いでなければ基準は満たしているはず

まず前提として、登録できた以上は求人紹介を受けるための最低の基準は満たしていると考えられる。転職エージェントに登録すると、「現在ご紹介できる求人はございません」という形でそもそも登録を断られることがあるが、そういうことになっていない以上は求人を紹介してもらう余地はあると思って良い。

では、なぜ放置されてしまっているのだろうか。多くの場合放置の理由は、単純に担当者の中での優先順位があまり高くなく後回しにされているか、こちらの希望条件がシビアでマッチングに手間取っているかのどちらかである。それらの問題を解消することができれば、案件の紹介を受けることは可能だ。

こちらから積極的に連絡を取ってみる

転職エージェントの担当者は、ひとりでいくつも転職希望者を抱えているので、忙しいのが普通である。効率よく売上目標を達成するために、転職希望者は年収や転職意欲などに応じて彼らの中で優先順位付けされその順序で処理される。こちらの優先順位が低いと、登録できたとしてもなかなか手を付けてもらえず、結果的に放置されたような状態になる。

そうならないためにも、エージェントとの最初の面談は少し強めに転職意欲をアピールするぐらいでちょうどいいのだが(参考:転職エージェントで優先的に扱ってもらうために気をつけたいこと)もう面談を終えてしまったとすると、今さら面談の受け答えを練ったところで遅い。もう一度面談をやり直してくれとお願いするわけにもいかないだろう。

そんな時は、こちら側から積極的に連絡を取ってみることを勧めたい。エージェントに対して「求人案件をご紹介いただけるとのことでしたが、どうなっておりますでしょうか?」とメールで問い合わせてみるといいだろう。そんなせっつくようなことして大丈夫なの?と思うかもしれないが、むしろこれはどんどんやっていったほうがいい。ただ受け身に求人の紹介を待つだけでなく、こちらから積極的にせっつくことで「この人は、転職意欲が高いんだな」ということがエージェントにも伝わるし、そうなると優先度を高めてくれる可能性もある。言い方は悪いが、エージェントにとって転職希望者は商品だ。商品自らが「売れたがっている」ことをアピールできれば、キャリアアドバイザーの考える優先順位も変わるかもしれない。

希望条件を緩和してみる

問い合わせをした結果、なかなか案件のマッチングが難しくて苦労しているというのであれば、こちらの伝えている希望条件を緩和してみるというのもひとつの手だ。どこをどのように変えれば見つかりやすいか、という形でエージェントに相談すればきっと詳しく教えてくれるはずだ。

また、自分の掲げる条件のどこがどうして難しいのか知っておくことは、他の転職エージェントに行って案件をさがしてもらうときや、自分自身で転職サイトで案件をさがすときにも有益な情報になる。エージェントは単に案件を紹介してくれるだけの人としてだけでなく、このように情報源としても活用できるので、やはりこちらからも積極的に連絡を取るようにしていきたい。

転職エージェントはひとつじゃない。こだわらずに他のエージェントに登録することも検討しよう。

もっとも、自分を放置してきたエージェントの利用に固執する必要はまったくない。転職エージェントはひとつうつではないのだから、そういうエージェントはさっさと見切って他のエージェントに登録するというのもひとつの方法ではある。

私の知る例でも、あるエージェントではまったく求人が紹介されずに放置状態だった人が、他のエージェントでは普通に求人を紹介してもらえているということはよくあるので、あまり芳しくないようであれば他も見てみるという姿勢でまったく問題はないだろう。実際、「求人を紹介する」と言っておきながらあまりにも長く放置されたのであれば、それは社会人の対応としても疑問が残るので、そういう担当者は切ったほうが正解なのかもしれない。

転職エージェント選びで大切なのは担当者との相性なので、あまり特定の会社にこだわりすぎる必要はない。他のエージェントで自分に合った担当者をさがすことができれば、そちらのほうが断然いいはずだ。

おすすめの転職エージェント

インテリジェンスDODA

求人数は100,000件、そのうち80%は非公開求人。総合型の転職エージェント。規模はリクルートエージェントに次いで2位。キャリアコンサルタントによるサポートは模擬面接を実施してくれるなど他社と比較しても厚い。とりあえずスタンダードに転職を検討するのであれば、まず登録しておきたいうちの一社。

 

私の友人の中にもDODA経由で内定を取った人がいる。率直に印象を聞いてみたところ、「色々とこちらの個人的な相談にも乗ってくれてよかった」ということで満足していた。その後彼は内定を辞退して転職活動を終えるというエージェントとしては不実の結果となったのだが、その時の対応も丁寧でよかったとのことだった。

パソナキャリア

転職エージェントへの参入が後発なため、規模は大手エージェントに比べると小さいものの、キャリアアドバイザーの教育レベルが高いという点でおすすめできるエージェント。

転職エージェントを使っていて嫌な気分になるのは、内定後に強引にクロージングを迫られたり、自らのノルマ達成のために「さっさと転職させてやろう」という魂胆が見えた時だろう。全員がそうだというわけではないが、たとえばリクルートエージェントなどは社風的にもそのような「イケイケ」なエージェントが少なからず在籍する。それに対して、パソナキャリアのエージェントは落ち着いたアドバイザーが多い印象がある。落ち着いて転職活動を進めたいという人にはおすすめできる。

レバテックキャリア

IT・Webエンジニア案件に特化した専門型転職エージェント。求人はすべてIT・Web系。それゆえ、担当のキャリアコンサルタントのIT専門知識は総じて高い。総合型の転職エージェントの場合、一応専門ということになっている人が担当してくれるものの、実際には担当者の知識が噛み合わずストレスを感じることがある。レバテックキャリアの場合は基本的にそのような心配はない。業界用語や専門用語もそのまま通じる。

紹介数については大手ほどではないものの、その人の人となりに応じて厳選して求人を紹介するという方針をとっているので、総合型では紹介されない案件を紹介してもらえることも少なくない。志望がIT・Web系と決まっているのであれば、ぜひ活用を検討したいエージェントのうちのひとつだ。

 - 転職エージェントの選び方 > よくある質問