転職の掟

転職で後悔しないために知っておきたいこと

家族に転職を反対された時の対処法

      2016/02/15

baby-17342_640

転職はあくまで本人の問題だが、時には家族がその決定に関与してくることもある。若い人であれば親に、既婚者であれば配偶者に反対されることは少なくない。特に、終身雇用という環境で職業人生を送った親の世代や、旦那の収入が生活を大きく左右する専業主婦が相手の場合、かなりの確率で反対に遭う。

これは元転職エージェント勤務だった知人に聞いた話だが、「嫁の同意が得られなかった」という理由で転職を断念する人は実際多いという。採用担当者や転職エージェントの間では、土壇場になって嫁に反対されたため内定を辞退せざるをえなくなる「嫁ブロック」なる言葉もあるらしい。転職に反対しているのが友人などであれば、あくまで本人の問題として突っぱねることもできるが、生活を共にしている家族から反対されると簡単に押し切るわけにも行かない。このような家族からの反対に遭った場合、どのように対処すべきなのだろうか?

転職活動をはじめる前にまず家族の同意をとる

まず前提として、最後の最後で家族に反対されて内定辞退という状況を避けるためにも、配偶者がいる人は転職活動をはじめる前に話し合いの時間を設けて、事前にしっかり同意をとっておくことを強く勧めたい。たまに、家族に内緒で転職活動を進める人がいるが、いざ内定が出て転職するとなれば家族に言わなければならい時は必ず訪れる。どうせいつかは言わなければならないのだから、一番最初に済ませてしまうべきだ。

転職活動の最初の段階で相談しておくことは、相手との信頼関係を維持するためにも重要だ。転職活動の終盤になって「実は転職活動をしていて、そろそろ決まりそうだ」といきなりカミングアウトすると、転職に賛成・反対に関わらず「なぜそんな大事なことをずっと黙っていたのか」と相手を怒らせてしまうおそれがある。「普段からほとんど仕事についての話はしない」という場合であっても、転職というのは大きな問題なので、ある程度時間をとって今の自分の考えを理解してもらう時間は必ず設けるようにしたい。

いきなり「転職」を切り出す前に、事前に会社の不満などを伝えておく

大企業からベンチャーへの転職や、年収が下がる転職、転勤がある仕事への転職など生活が一変するリスクがある転職を考えている場合、かなりの確率で反対されると思っておいたほうがいい。こういう場合は、ある程度時間がかかることを覚悟して、長期戦で臨むのが同意を得るコツである。

普段、家族とあまり仕事の話をしていないという人は、まず自分の仕事について少しずつでいいから相手に理解してもらうことからはじめる必要がある。いきなり「転職を考えている」と切り出してしまうと、相手側に判断のための情報がないので「そんなあぶないことはやめておいたほうがいい」と一蹴されてしまう可能性が高い。事前に今の会社への不満や、自分が本当にやりたいと思っていることなどの話を時間をかけてしていき、転職に同意してもらう下地をつくるところから始めるのだ。まさに「急がばまわれ」である。

あるエージェントの話によると、「職場結婚」をした夫婦の場合、どちらかから転職に反対されるということはあまりないらしい。これは、パートナーが会社の実情や仕事の内容についてよく理解していることが理由だと考えられる。このことからも、家族にまず自分の仕事の状況をきちんと理解してもらうことが家族に同意してもらうことの鍵だということがわかる。以前職場が一緒だった職場結婚と同じレベルまでは行かないにしても、自分が何をどう変えたくて転職したいのかわかってもらえる程度には、しっかりと時間を取って説明するようにしたい。

家族の言い分にも耳を傾ける

転職について家族と話し合う際には、自分のやりたいことを伝えるだけではなく、家族の言い分にも耳を傾けよう。「家計が苦しい」というのであれば、転職活動をする際にどこまで年収を下げられるかといった条件がそれで決まってくる。転職することで何がどう変わってしまう可能性があるのか、年収、勤務地、働く時間などの観点でしっかり説明するようにしたい。時には、家族の言い分のほうが正しく計画を修正する必要が出てくることもあるだろう。

話し合いを破談にしないコツは、「家族か仕事か」という二者択一の状態に持ち込ませないことである。お互いにどの点であれば妥協できるのか、という形で話し合うようにすれば、転職そのものがNGにならずに済むこともある。年収や勤務地といった実質面ではなく、「旦那には有名な会社で働いていて欲しい」や「安定した会社で一生安泰に働いて欲しい」などのようにそもそも価値観の違いが根底にある場合は妥協は簡単ではないが、それでも二者択一に持ち込まないようにすることで多少は選択肢を広げることができる。

もっとも、これは転職活動をはじめる前の段階で行うからできることであり、いざ内定が出てから話したのではどうしても「転職か家族か」の二者択一になってしまう。繰り返すが、家族の同意は転職活動の最初の段階で取るようにしておきたい。

おすすめの転職エージェント

インテリジェンスDODA

求人数は100,000件、そのうち80%は非公開求人。総合型の転職エージェント。規模はリクルートエージェントに次いで2位。キャリアコンサルタントによるサポートは模擬面接を実施してくれるなど他社と比較しても厚い。とりあえずスタンダードに転職を検討するのであれば、まず登録しておきたいうちの一社。

 

私の友人の中にもDODA経由で内定を取った人がいる。率直に印象を聞いてみたところ、「色々とこちらの個人的な相談にも乗ってくれてよかった」ということで満足していた。その後彼は内定を辞退して転職活動を終えるというエージェントとしては不実の結果となったのだが、その時の対応も丁寧でよかったとのことだった。

パソナキャリア

転職エージェントへの参入が後発なため、規模は大手エージェントに比べると小さいものの、キャリアアドバイザーの教育レベルが高いという点でおすすめできるエージェント。

転職エージェントを使っていて嫌な気分になるのは、内定後に強引にクロージングを迫られたり、自らのノルマ達成のために「さっさと転職させてやろう」という魂胆が見えた時だろう。全員がそうだというわけではないが、たとえばリクルートエージェントなどは社風的にもそのような「イケイケ」なエージェントが少なからず在籍する。それに対して、パソナキャリアのエージェントは落ち着いたアドバイザーが多い印象がある。落ち着いて転職活動を進めたいという人にはおすすめできる。

レバテックキャリア

IT・Webエンジニア案件に特化した専門型転職エージェント。求人はすべてIT・Web系。それゆえ、担当のキャリアコンサルタントのIT専門知識は総じて高い。総合型の転職エージェントの場合、一応専門ということになっている人が担当してくれるものの、実際には担当者の知識が噛み合わずストレスを感じることがある。レバテックキャリアの場合は基本的にそのような心配はない。業界用語や専門用語もそのまま通じる。

紹介数については大手ほどではないものの、その人の人となりに応じて厳選して求人を紹介するという方針をとっているので、総合型では紹介されない案件を紹介してもらえることも少なくない。志望がIT・Web系と決まっているのであれば、ぜひ活用を検討したいエージェントのうちのひとつだ。

 - はじめての人のための転職入門 > おさえておきたい転職活動の基本