転職の掟

転職で後悔しないために知っておきたいこと

ひとつの会社に洗脳されないためにしておきたいこと

      2016/02/15

buildings-984195_640

社会に出てからずっとひとつの会社でしか働いていないという人と話をすると、「なんだかこの人、生きてる世界がちょっと違うぞ」と違和感を抱くことがある。長い期間、ひとつの会社でしか働いていないと、いつしか自分の生きる世界が「会社の世界」という閉じた狭い世界だけになる。会社の業績に一喜一憂し、同期や同僚の出世・左遷に強い関心を持ち、もっぱらプライベートで遊びに行くのも会社の人たちばかり――そういう生き方を10年、20年と続けるうちに、気づくとすっかり会社の色に染まってしまう。

中には、会社の色に染まりすぎて、「会社のために」と悪事に手を染めることもある。決算の数字を改ざんしたり、重大事項を組織的に隠蔽したり、会社の外の人から見ると「それは明らかにマズいだろう」ということをやる人たちの多くは、会社に染まりすぎてしまった人たちだ。会社の世界を優先しすぎてもはや善悪の判断が付かない状態にまで感覚がズレてしまっているわけで、このレベルまで来ると「会社に洗脳されている」という表現を使ってもいいかもしれない。

不正に手を染めるというのはさすがに例として極端すぎるにしても、会社のことばかり考えすぎて個人としての自由を忘れかけている人はたくさんいる。そういう生き方は、終身雇用が崩壊しつつある現代だと非常にリスクが高い。昭和の時代ならいざしらず、いまはもう会社のことばかり考えていても、残念ながら報われる可能性はかなり低い。現代では「いま自分がいる会社を成長させる」ことよりも、「会社をうまく利用して自分のやりたいことを実現する」という生き方のほうが遥かに合理的だし安全だ。

会社は当然、社員にコミットメントを求めてくる。社員にとって会社の業績が自分事となり、会社の世界が自分の世界になることを強く歓迎する。そういった洗脳を避けるためには、ある程度会社との距離を取ることを意識する必要がある。では具体的には、どのようなことに気をつけるといいのだろうか?

会社の外に友人や知り合いをつくる

私が新卒で最初に入った会社は中途採用の割合が非常に多い会社だった。もともとインターネット業界は転職が多いということもあり、人数で言えば新卒のほうが圧倒的に少数派でどちらかと言えば社内で浮く存在だった(「転職組」という形で転職者が浮いてしまう職場とは真逆である。このあたりはインターネット業界の面白いところだと思う)。その時、仲が良かった転職経験豊富な先輩に、「一週間の中に必ず、社外の人と会う時間を作れ」とアドバイスを受けたことを今でもよく覚えている。「社外の飲み会と社内の飲み会がバッティングしたら、社外の飲み会を絶対に優先しろ」というようなことも言われた。

振り返ってみると、このアドバイスはなかなか良いアドバイスだったと思う。特に意識することなく普通に会社員をやっていると、平日はほとんど会社の人だけとしか付き合わずに終わってしまう。土日は平日の疲れを癒やすために寝て、遊びに行くにしても会社の同期や同僚と――とやっていくと、ほとんど会社の中だけで人間関係が閉じてしまう。私のいた会社にはいわゆる「部活」なるものもあって、そういう活動にコミットしているとどんどん会社内での人間関係が強化され、社外の人と関わる機会が少なくなっていく。社内に知り合いや友人が増えればその分仕事はやりやすくなるのかもしれないが、それはあくまで直近の話で長期的には結構危険な状態をつくりかねない。

一方、社外の人と積極的につきあうようにすると、その人を経由して「他の会社のこと」を聞くことができる。自分の会社ではあたりまえだと思っていたことが、他の会社では全然あたりまえでなかったり、自分の会社のいいと思っていたところが、他の会社ではもっとよかったりなど、他社の人から話しを聞くことで「比較の視点」を持って自分の会社を見ることができるようになる。これは、会社との適切な距離を保つという意味では非常に重要になる。

平日の長い時間をひとつの会社にコミットしていると、その世界がすべてのように思えてくるがそれは錯覚だ。実際には、自分の今の会社は日本に数多くある会社のうちのひとつに過ぎず、その世界はものすごく狭い。そのことに気づくためにも、友人や知り合いは会社の中よりも外にたくさんつくったほうがいい。

転職活動をしてみる

もうひとつ、ひとつの会社に染まらないためにおすすめしたのは転職活動をしてみることだ。これはあくまでただの活動なので、本当に転職するかはまた別問題である。ひとつの会社にたとえば3年とか5年とか既にいるのであれば、いったん外の会社を見てみることは自分の客観的な人材価値を把握するという点でも意義がある。

転職活動と言っても何から始めればいいからわからないという人は、とりあえず転職エージェントを活用してみるといいだろう。それが自分の市場価値を知るためには一番手っ取り早いからだ。転職エージェントに登録すると、自分の市場価値にマッチした求人案件を紹介してもらえるが、時にはこれが結構シビアで堪えることもある。いまの会社の中では周囲から評価されていて「自分はできる」と思っていたのに、いざ求人を紹介してもらってみると思っていたほど年収が伸びず(もちろん、下がることもよくある)、ガッカリするかもしれない。それでも、いまの会社と関係のないところでの評価を知ることは、ひとつの会社という枠に囚われず自分の市場価値を知ることができるという点でとても重要だ。

会社の外に友人をつくることもそうだし、転職活動をしてみることもそうなのだが、ひとつの会社に染まらないために大事なのは折にふれて会社の外に目を向けることである。そういうバランス感覚を持って、適度な距離感を保ちつつ会社と付き合うようにしていきたい。

おすすめの転職エージェント

インテリジェンスDODA

求人数は100,000件、そのうち80%は非公開求人。総合型の転職エージェント。規模はリクルートエージェントに次いで2位。キャリアコンサルタントによるサポートは模擬面接を実施してくれるなど他社と比較しても厚い。とりあえずスタンダードに転職を検討するのであれば、まず登録しておきたいうちの一社。

 

私の友人の中にもDODA経由で内定を取った人がいる。率直に印象を聞いてみたところ、「色々とこちらの個人的な相談にも乗ってくれてよかった」ということで満足していた。その後彼は内定を辞退して転職活動を終えるというエージェントとしては不実の結果となったのだが、その時の対応も丁寧でよかったとのことだった。

パソナキャリア

転職エージェントへの参入が後発なため、規模は大手エージェントに比べると小さいものの、キャリアアドバイザーの教育レベルが高いという点でおすすめできるエージェント。

転職エージェントを使っていて嫌な気分になるのは、内定後に強引にクロージングを迫られたり、自らのノルマ達成のために「さっさと転職させてやろう」という魂胆が見えた時だろう。全員がそうだというわけではないが、たとえばリクルートエージェントなどは社風的にもそのような「イケイケ」なエージェントが少なからず在籍する。それに対して、パソナキャリアのエージェントは落ち着いたアドバイザーが多い印象がある。落ち着いて転職活動を進めたいという人にはおすすめできる。

レバテックキャリア

IT・Webエンジニア案件に特化した専門型転職エージェント。求人はすべてIT・Web系。それゆえ、担当のキャリアコンサルタントのIT専門知識は総じて高い。総合型の転職エージェントの場合、一応専門ということになっている人が担当してくれるものの、実際には担当者の知識が噛み合わずストレスを感じることがある。レバテックキャリアの場合は基本的にそのような心配はない。業界用語や専門用語もそのまま通じる。

紹介数については大手ほどではないものの、その人の人となりに応じて厳選して求人を紹介するという方針をとっているので、総合型では紹介されない案件を紹介してもらえることも少なくない。志望がIT・Web系と決まっているのであれば、ぜひ活用を検討したいエージェントのうちのひとつだ。

 - はじめての人のための転職入門 > キャリアコラム