転職の掟

転職で後悔しないために知っておきたいこと

転職エージェントと面談する時に気をつけておきたいこと:服装はスーツか私服か?

      2016/02/15

tie-690084_640

転職エージェントに登録すると、一番最初にあるのは担当のキャリアアドバイザーとの面談である。

当然だが、転職エージェントとの面談は転職の面接本番ではない。あくまで転職活動の前段階なので、基本的にはほとんど準備はいらないし、気楽に自然体で行けばいい。

もっとも、あまり気を抜きすぎるのも問題である。なぜなら、エージェントは最初の面談の内容に応じて、求職者に求人を紹介することになるからだ。最初の面談で「この人はあんまり転職をする気がないんだろうな」と思われたり、「この様子だと、どの企業を紹介しても面接で落とされそうだな」などと思われてしまったら、紹介がほとんど受けられないことになる。転職エージェントは慈善事業ではないので、内定の可能性が低い相手に時間をかけるようなことはしない。そういう意味では、転職エージェントとの最初の面談も転職の成否を左右する重要なものだと言える。

では、エージェントの最初の面談ではどのようなことに気をつけておけばいいのだろうか?

どのような服装で行くのが適切か

まず、意外と迷う人が多いのが「どんな服装で面談に行くか」である。「当日は面接ではありませんので、私服で結構です」と事前に言われていたとしても、これを完全に信じていいものかと迷う人も少なくない。

結論から言うと、小奇麗であればどちらでもいいということになる。サイトによっては「スーツが無難」などと書いてあるところもあるようだが、そういう機械的な判断は逆に危うい。スーツか私服かよりも、大事なのはキャリアアドバイザーに対してどのような印象を与えるかだ。

服装で絶対に避けなければならないのは、「だらしがない」「不潔だ」という印象を与えてしまうことである。そういう意味では、たとえスーツで行ったとしてもヨレヨレの状態であればよくないし、逆に私服でも小奇麗でスマートな印象を与えられるなら問題ない。どの業界であろうと、だらしがない人は基本的に不利なので、担当者から見て「この人に求人を紹介したとして、果たして内定が取れるのかな?」という疑惑を抱かれる。そうならないためにも、スーツであれ私服であれ、だらしない格好だけは避けるようにしたい。

その人の印象は、案件をマッチングする際のひとつの材料になる。「この人があの会社で働いているイメージがまったくわかない」と思われれば、それだけで「この求人を紹介するのはやめておこう」となってしまう可能性はある。たとえば、インターネット業界でエンジニアとして働きたいという人が、ラフな格好をしていても(小奇麗であれば)別に担当者は違和感を覚えることはないだろうが、金融系で転職を希望している人があまりにもラフな格好をしていたらちょっと違和感があるかもしれない。そういう意味では、とりあえず希望する業界の人がしているような格好をしていればあまり問題はない。

もっとも、服装はあくまでその人の印象を形作る要素のひとつでしかない。他にも話し方や、エージェントとのメールのやりとりの仕方など、行動の一つ一つから印象は形成される。そういう意味では、あまり気にしすぎてもしょうがないところだとは言える。

希望条件ぐらいはなんとなく考えておくとスムーズ

転職エージェントでの最初の面談は、基本的にエージェント主導で進むのでこちら側が準備しておくことはあまりない。順次、担当者の質問に答えていけばいい。当然ながら、職務経歴書を作っていったりする必要はまだない。

当日の面談をスムーズに進めたいのであれば、とりあえず転職先についての希望条件(希望業種、年収、社風、仕事内容など)とその優先順位ぐらいはなんとなく考えておくとスムーズに話が進んでいいだろう。このあたりがフワッとしていると「まだそんなに転職したいとい意志は強くないのかな?」と思われて、担当者の中での優先度が下がるおそれもあるので、なんとなくでもいいので事前に考えておくと円滑に進む。

転職意欲はちょっと強めにアピールするぐらいでちょうどいい

転職エージェントで働く担当者は非常に忙しい。ひとりで何人もの転職希望者を相手にしているので、「この人、しばらくは転職する気ないな」と思われると直ちに優先順位が下げられてしまう。そうなるとろくに求人も紹介してもらえないということになってしまうので、最初の面談では転職意欲はちょっと強めにアピールするぐらいでちょうどいい。

経歴詐称などのウソは許されないが、転職意欲を盛るぐらいは戦術の範囲内である。それに、仮に「まだ先でいいかな」と思っていても、本当にいい求人が紹介されれば気持ちは誰でも変化するものだ。そういう意味ではウソはないので、「希望に合う求人があればすぐにでも転職したい」程度のことは言っても問題ない。

相談はOKだが愚痴はNG

転職エージェントの担当者は「何でも話してください」というスタンスで来るので、中には色々とキャリアについて悩んでいることを相談する人もいる。問題なのは、相談と称してひたすら今の職場の愚痴を担当者にこぼし続ける人がいることだ。これは基本的にNGだと思ったほうがいい。

転職とはあくまで未来に対する行為だ。一方で、愚痴を延々と言うというのは後ろ向きで何ら生産性がない。もちろん、今の会社への不満点が転職先を選ぶ軸になること自体は自然なことなので、「今の会社の◯◯を改善するために転職したい」という希望を伝えることは問題ない。相談は、あくまで前向きに行う必要がある。

エージェントのキャリアドバイザーもひとりの人間である。愚痴を延々と聞かされてよい印象を抱く人は普通はいない。エージェントとの面談は前向きな姿勢で臨むようにしたい。

おすすめの転職エージェント

インテリジェンスDODA

求人数は100,000件、そのうち80%は非公開求人。総合型の転職エージェント。規模はリクルートエージェントに次いで2位。キャリアコンサルタントによるサポートは模擬面接を実施してくれるなど他社と比較しても厚い。とりあえずスタンダードに転職を検討するのであれば、まず登録しておきたいうちの一社。

 

私の友人の中にもDODA経由で内定を取った人がいる。率直に印象を聞いてみたところ、「色々とこちらの個人的な相談にも乗ってくれてよかった」ということで満足していた。その後彼は内定を辞退して転職活動を終えるというエージェントとしては不実の結果となったのだが、その時の対応も丁寧でよかったとのことだった。

パソナキャリア

転職エージェントへの参入が後発なため、規模は大手エージェントに比べると小さいものの、キャリアアドバイザーの教育レベルが高いという点でおすすめできるエージェント。

転職エージェントを使っていて嫌な気分になるのは、内定後に強引にクロージングを迫られたり、自らのノルマ達成のために「さっさと転職させてやろう」という魂胆が見えた時だろう。全員がそうだというわけではないが、たとえばリクルートエージェントなどは社風的にもそのような「イケイケ」なエージェントが少なからず在籍する。それに対して、パソナキャリアのエージェントは落ち着いたアドバイザーが多い印象がある。落ち着いて転職活動を進めたいという人にはおすすめできる。

レバテックキャリア

IT・Webエンジニア案件に特化した専門型転職エージェント。求人はすべてIT・Web系。それゆえ、担当のキャリアコンサルタントのIT専門知識は総じて高い。総合型の転職エージェントの場合、一応専門ということになっている人が担当してくれるものの、実際には担当者の知識が噛み合わずストレスを感じることがある。レバテックキャリアの場合は基本的にそのような心配はない。業界用語や専門用語もそのまま通じる。

紹介数については大手ほどではないものの、その人の人となりに応じて厳選して求人を紹介するという方針をとっているので、総合型では紹介されない案件を紹介してもらえることも少なくない。志望がIT・Web系と決まっているのであれば、ぜひ活用を検討したいエージェントのうちのひとつだ。

 - 転職エージェントの選び方 > 上手な活用法