転職の掟

転職で後悔しないために知っておきたいこと

退職後の空白期間はどう説明すればいい?

      2016/02/15

camera-514992_640

「会社を辞めてから転職活動」はアリか?でも説明したとおり、転職活動は会社に在職したまま行うのが鉄則である。この鉄則どおり転職活動を行う限りにおいては、退職後の空白期間(ブランク)は原理的に生じない。

もっとも、そうは言ってもやむを得ない事情で退職してからの転職活動を余儀なくされることもあるだろう。退職後、すぐに次の仕事が決まればいいのだが、長引いてしまう可能性も十分にありうる。長い人生、そういう時期があっても責めるべきではないと私個人は強く思うのだが、現実問題として退職後に空白期間があると転職活動が不利になるのは事実だ。特に、前職の退職から3ヶ月以上の空きがあると、ほぼ確実に面接で突っ込まれるので事前に準備をしておいたほうがいい。

では、退職後の空白期間について説明を求められた時は、どのように答えるのがよいのだろうか?

なぜ企業は空白期間を嫌うのか

そもそも、なぜ企業は空白期間が存在する人を警戒するのだろうか。これはいくつか理由が考えられる。

一つ目は、ブランクがあることで、ビジネススキルや専門知識がなまっているのではという懸念を抱かれてしまうというものだ。多くの場合、企業は中途採用には即戦力を求めるが、何ヶ月も仕事をしていなかった期間がある人を雇って本当に即戦力になるのかは疑問がある。ゆえに、あまりブランクが大きい人を採用するのには二の足を踏む。

二つ目は、「ふらふらと遊んでいたのではないか?」と思われ、仕事に対する意欲や姿勢自体が低いと思われてしまうというものだ。当然だが、企業にとっては就労意欲が高く、仕事を率先してやる人材のほうがありがたい。あまりにもブランクが大きいと、仕事に対する熱意に疑問を持たれる可能性がある。

三つ目は、「こんなにもブランクが大きいのは、どこでも雇ってもらえなかったのではないか?」と思われてしまうというものだ。ブランクが長いことが「ハズレ人材なのでは」という推測を後押ししてしまう。ブランクのせいで、能力自体に疑問を持たれてしまうというパターンだ。

これらの懸念を払拭することができれば、ブランクがあっても採用される可能性は十分高まる。空白期間の理由を説明する際には、上記の懸念を担当者が払拭できるような説明を組み立てるとよい。

以上を踏まえて、空白期間が生じた理由別に、どのような説明が適切か考えてみよう。

ほぼそのまま説明すれば大丈夫なもの

・介護や看病

介護や看病で空白期間が生じた場合、本人の帰責性はゼロなので正直に説明すれば納得してもらいやすい。その際には、「現在は状況が改善して介護や看病に時間を割かなくてもよくなった」ことをしっかりと伝え、就職後の仕事には影響がないことを理解してもらうことも大切だ。

現場を離れている時間が長くなってしまったことについては、「今も勉強を継続している」といったように復帰に前向きに取り組んでいることを姿勢を示せるとなおよいだろう。

・フリーランスでエンジニアをしていた

フリーランスを経てから、再度企業に就職することにした場合、その期間を「空白期間」と呼んでいいかは疑問が残るが、一応会社で働いていなかった期間なのでここでは空白期間の亜種として考える。

フリーランスと一口で言ってもピンからキリまであるので、仕事の実態を相手にわかるようにしっかり説明することが大切である。どのような案件を受けていてどのような仕事をしていたか、具体的に使っていた技術内容、身に付いたスキル、それを就職後にどう活かせるかについてしっかり説明することができれば、退職後にフリーランスをやっていたことは武器にもなる。

なお、「なぜフリーランスを辞めようと思っているのか」も聞かれると思うので、この答えも事前に考えておきたい。「やはり安定が大事だと思い直しまして」などの回答はあまりよくない。「個人でやれることには限界があることに気づき、組織で仕事をしたいと思うようになった」など、ある程度前向きな説明ができるといいだろう。

ある程度説明に工夫が必要なもの

・遊んでいた

普通に遊んでいたことで空白期間が生じてしまった場合は、説明に一工夫必要だ。

空白期間があまり長くないのであれば「前職が激務だったので、充電期間を取っておりました」などといった形でオブラートに包みつつ正直に伝えるというのも方法のひとつではある。充電期間というには長すぎる空白期間が生じてしまった場合は、「慎重に就職先を探しておりましたら時間がかかってしまいました」といった形で誤魔化すという方法もある。

・海外旅行

「バックパッカーで東南アジアを放浪していた」などの説明は私個人としては悪くないと思うものの、企業に言う場合はほぼ間違いなく心証がよくない。ある程度相手を納得させる論理が必要である。

ひとつの方法は、自分にとって件の海外旅行がいかに重要で、必要なものだったかをしっかり説明することだ。その上で、旅行で得た経験を御社での仕事に活かしたいとつなげる。この説明が面接官に刺されば内定もありうるだろう。

・資格取得

資格取得も、基本的には海外旅行と同じだ。普通に「資格をとりました」では心証はよくない(参考:転職に役立つ資格は存在するのか)。なぜその資格を取る必要があったのか、そしてその資格をどう就職後に活かしていきたいのかについて、相手の納得がいくように説明する必要がある。それができなければ遊んでいたのと同じようにみなされる。

なお、このMBA取得のための留学や、語学留学も基本的にはこれと一緒である。「MBAをとれば無条件に歓迎される」とか「英語が話せるようになれば就職は余裕」などの見通しは残念ながら甘いと言わざるをえない。なぜ留学が必要だったのか、それがどう仕事に活きるのか、相手に納得してもらえるような説明を事前によく考えておきたい。

 

おすすめの転職エージェント

インテリジェンスDODA

求人数は100,000件、そのうち80%は非公開求人。総合型の転職エージェント。規模はリクルートエージェントに次いで2位。キャリアコンサルタントによるサポートは模擬面接を実施してくれるなど他社と比較しても厚い。とりあえずスタンダードに転職を検討するのであれば、まず登録しておきたいうちの一社。

 

私の友人の中にもDODA経由で内定を取った人がいる。率直に印象を聞いてみたところ、「色々とこちらの個人的な相談にも乗ってくれてよかった」ということで満足していた。その後彼は内定を辞退して転職活動を終えるというエージェントとしては不実の結果となったのだが、その時の対応も丁寧でよかったとのことだった。

パソナキャリア

転職エージェントへの参入が後発なため、規模は大手エージェントに比べると小さいものの、キャリアアドバイザーの教育レベルが高いという点でおすすめできるエージェント。

転職エージェントを使っていて嫌な気分になるのは、内定後に強引にクロージングを迫られたり、自らのノルマ達成のために「さっさと転職させてやろう」という魂胆が見えた時だろう。全員がそうだというわけではないが、たとえばリクルートエージェントなどは社風的にもそのような「イケイケ」なエージェントが少なからず在籍する。それに対して、パソナキャリアのエージェントは落ち着いたアドバイザーが多い印象がある。落ち着いて転職活動を進めたいという人にはおすすめできる。

レバテックキャリア

IT・Webエンジニア案件に特化した専門型転職エージェント。求人はすべてIT・Web系。それゆえ、担当のキャリアコンサルタントのIT専門知識は総じて高い。総合型の転職エージェントの場合、一応専門ということになっている人が担当してくれるものの、実際には担当者の知識が噛み合わずストレスを感じることがある。レバテックキャリアの場合は基本的にそのような心配はない。業界用語や専門用語もそのまま通じる。

紹介数については大手ほどではないものの、その人の人となりに応じて厳選して求人を紹介するという方針をとっているので、総合型では紹介されない案件を紹介してもらえることも少なくない。志望がIT・Web系と決まっているのであれば、ぜひ活用を検討したいエージェントのうちのひとつだ。

 - 職務経歴書・面接対策 > よくある質問