転職の掟

転職で後悔しないために知っておきたいこと

異業種へ転職する時に気をつけておきたいこと

      2016/02/15

silo-1100482_640

転職候補の企業を探す中で、「異業種に転職したい」と考える人は少なくない。特に、転職理由が今いる業界・業種に対する不満だった場合、根本的に解決するためには異業種に転職するというのがほとんど唯一の手段に思えるかもしれない。

異業種への転職によってその人が幸せになれるかどうかは、ケース・バイ・ケースだ。私が知っている例ではどちらもある。SIerからインターネット業界に転身して、毎日楽しそうに働いているという知り合いもいるし、メーカーから人材業界に転職して、会うたびに「やめておけばよかった」とこぼしている友人もいる。異業種への転職が良いか悪いかを一概に言うことはできない。

ひとつ言えることは、異業種への転職を考える際にはそれなりに注意深く考える必要があるということだ。同業種への転職と違って異業種への転職の場合、実際に転職してからの仕事がイメージと乖離するリスクがどうしても高くなる。異業種への転職を検討する時は、どのような点に気をつければいいのだろうか?

知り合いがいれば「その業種の悪いところ」を聞いてみる

どんな人でも、いま自分がいる業界の知識はそれなりに持っているものだ。1年、2年実際に現場で業務をしてみれば、その業種・業界の細部まで見えてくる。ゆえに、業界や業種への不満もリアルに知ることができる。

一方で、転職を検討している業界・業種については、そこまで深くはわからないというのが普通だろう。異業種への転職をぼんやりと考えている時点では、自分に都合のいい想像が含まれていることがほとんどだ。「隣の芝生は青い」ということわざを思い出そう。

少しでも「やめておけばよかった」となるリスクを減らすためには、事前の情報収集が不可欠だ。同業種に転職する場合よりも、少し厚めにその業界について調べる時間をぜひ取るようにしたい。理想を言えばその業界でじっさいに働いている知り合いに色々と聞いてみるのがいいが、そういう人がいなければ転職エージェントの担当者でもいい。

情報収集の際は「その業界の良いところ」ではなく「その業界の悪いところ」を中心にヒアリングするようにするのがコツだ。これは、悪口を言わせたほうがリアルな情報を得ることができるからだ。「悪いところはまったくない」という人は、残念ながらヒアリング対象としては不適格である。悪いところがまったくない業界なんてものは存在しない。悪いところが見えていないということは、業界の全体像の把握に歪みがあるということだ。同様に、不平不満しか言わない人もそれなりにあやしいのだが、少なくとも「そういう不満を感じる人がいる」ということは事実なので、判断の参考にはなる。

異業種転職でも、今までの経験が活かせることが理想

異業種への転職の難易度は、実はその人の職種によってだいぶ変わってくる。たとえば、経理や総務、人事などのバックオフィス系は、業種や会社のカラーこそあるものの、実際の仕事でやることはそこまで変わらない。こういった業種があまり問われない職種なら、事前のイメージと大きく乖離して「こんなはずじゃなかった」と言うリスクもそれほどないのであまり心配する必要はない。

一方で、エンジニアや営業などの場合、やること自体はほぼ同じでも(コードを書く、会社の商品を売る)対象が大きく変わることで想像以上に働き方が変化する場合がある。特に、toB向け(企業向け)かtoC向け(一般消費者向け)かの間には差が大きいので、そういう異業種転職をする際は注意したい。

これは面接の自己アピールにも絡んでくる話だが、基本的に異業種の転職をする場合、前職の経験が活かせることが理想となる。この関連が近ければ近いほど内定も取りやすくなるし、ミスマッチも起きにくい。一方で、ほとんど前職の経験が活かされないような転職はそもそも内定がとりづらいし、転職後に自分の想像したいた仕事ができるかも不透明だ。異業種への転職を考える際には、「今の業種での経験がどう活きそうか」についてもよく考えるようにしたい。

未経験者を歓迎しすぎる企業はあやしい

本来、異業種への転職はそれなりに難易度が高いものになる。企業にとってみれば、異業種出身者よりも同業種出身者のほうを普通は取りたいと考えるので、「この人は異業種出身だけどうちでもうまくやってくれそうだ」と相手を納得させるロジックがないと異業種への転職はなかなかできない(ただし、20代前半〜20代半ばの転職の場合は別。これは多くの場合実質的には第二新卒なので、「人となり」や「熱意」が伝わればそれだけで大丈夫なこともある)。

にもかかわらず、異業種の未経験者が簡単に転職できてしまうような会社は、はっきり言ってかなりあやしい。これは結局、同業種だけでは人が集められないので、異業種の未経験者にまで手を広げたということにほかならない。こういう会社はかなりの確率でブラックなので、近づかないほうが懸命だ。「ここで業界経験を積んで、あとでもっといい会社に転職すればいい」と思う人もいるかもしれないが、そういう会社にはそもそも教育体制など存在しないので、実りある職務経験が積める可能性はかなり低い。

おすすめの転職エージェント

インテリジェンスDODA

求人数は100,000件、そのうち80%は非公開求人。総合型の転職エージェント。規模はリクルートエージェントに次いで2位。キャリアコンサルタントによるサポートは模擬面接を実施してくれるなど他社と比較しても厚い。とりあえずスタンダードに転職を検討するのであれば、まず登録しておきたいうちの一社。

 

私の友人の中にもDODA経由で内定を取った人がいる。率直に印象を聞いてみたところ、「色々とこちらの個人的な相談にも乗ってくれてよかった」ということで満足していた。その後彼は内定を辞退して転職活動を終えるというエージェントとしては不実の結果となったのだが、その時の対応も丁寧でよかったとのことだった。

パソナキャリア

転職エージェントへの参入が後発なため、規模は大手エージェントに比べると小さいものの、キャリアアドバイザーの教育レベルが高いという点でおすすめできるエージェント。

転職エージェントを使っていて嫌な気分になるのは、内定後に強引にクロージングを迫られたり、自らのノルマ達成のために「さっさと転職させてやろう」という魂胆が見えた時だろう。全員がそうだというわけではないが、たとえばリクルートエージェントなどは社風的にもそのような「イケイケ」なエージェントが少なからず在籍する。それに対して、パソナキャリアのエージェントは落ち着いたアドバイザーが多い印象がある。落ち着いて転職活動を進めたいという人にはおすすめできる。

レバテックキャリア

IT・Webエンジニア案件に特化した専門型転職エージェント。求人はすべてIT・Web系。それゆえ、担当のキャリアコンサルタントのIT専門知識は総じて高い。総合型の転職エージェントの場合、一応専門ということになっている人が担当してくれるものの、実際には担当者の知識が噛み合わずストレスを感じることがある。レバテックキャリアの場合は基本的にそのような心配はない。業界用語や専門用語もそのまま通じる。

紹介数については大手ほどではないものの、その人の人となりに応じて厳選して求人を紹介するという方針をとっているので、総合型では紹介されない案件を紹介してもらえることも少なくない。志望がIT・Web系と決まっているのであれば、ぜひ活用を検討したいエージェントのうちのひとつだ。

 - はじめての人のための転職入門 > 転職タイプ別の注意点