転職の掟

転職で後悔しないために知っておきたいこと

こんな転職エージェントはやめておけ!地雷エージェントを見極めるポイント

      2016/02/15

business-man-1031755_640

転職エージェントで良い担当者についてもらえれば転職活動はかなり有利に進行するが、逆に悪い担当がついてしまうと転職活動の雲行きはだいぶ怪しくなる。なかなか転職先が決まらないというのはまだいいほうで、最悪の場合、自分ではあまりしっくり来ていないのになぜか転職することになってしまったりする。

そういったことにならないように、今回はダメな転職エージェントを見極めるポイントについてまとめてみたい。

成績の良いエージェントが必ずしも良いエージェントというわけではない

ダメなエージェントを見極めるポイントについて考える前に、まず前提として「営業成績の良いエージェント」と「転職者にとって良いエージェント」は必ずしも一致しないということを確認しておく必要がある。

転職エージェントも会社員なので、当然ながら社内からの評価がある。その際、成績の良し悪しは基本的には売上で決まる。転職エージェントの売上はざっくり言えばどれだけ人材を顧客企業に転職させることができたかで決まるので(詳しくは転職エージェントのビジネスモデルを参照)、営業成績が優秀なキャリアコンサルタントとはすなわち、多くの転職希望者を顧客企業に転職させた人、ということになる。

エージェントを営業成績だけで判断する場合、実は転職者自身がその転職に満足しているかはまったく関係ない。たとえ不本意な転職であったとしても、転職に導いた数が多ければそれでそのエージェントは成績面では優秀なエージェントということになる。

一方で、転職者の立場から見れば、転職が成立すればそれでいいというわけにはいかない。合わない企業に転職するぐらいだったら、今の会社に残ったほうがいいという場合だってあるだろう。転職者とエージェントの利害は内定に向けて効率的に動くという点では一致するが、細かな点では食い違うところも多い。成績優秀なエージェントが、そのまま転職者にとっても良いエージェントとは限らないということをまずおさえておきたい。

ダメなエージェントの例

以上を踏まえて、ダメなエージェントの例をいくつか考えてみよう。総じて、転職者の利益よりも自分の都合ばかりを優先しようとしてくるは、悪いエージェントだと考えて間違いない。

転職者が希望していない企業をやたらと推してくる

まず、自分の希望している条件とは違う企業ばかり推薦してくるエージェントはあやしいと思ったほうがいい。こういうことをしてくるエージェントは多くの場合、「転職者の希望」ではなく「受かりやすさ」だけを基準に案件の紹介を行っている。彼らは、他人のキャリアについての責任などは微塵も感じていない。それよりも、自分の営業成績のほうが大事だと考えているのだ。

当然ながら、そういったエージェントは即切りしたほうがいい。ビジネスモデルの性質上、エージェントが「受かりやすさ」をマッチングの基準にするのは仕方がないにしても、転職者の求める条件や意志は尊重されるべきだ。いくら成績が優秀であっても、転職者側の事情を一切考慮にいれないエージェントとは付き合ってはいけない。

強引にクロージングを迫ってくる

同様に、内定が出た瞬間、強引に決定を促してくるエージェントもよいエージェントではない。どんなに内定をとっても実際に入社しないことには転職エージェントの売上にはならないので、転職希望者が入社を決めあぐねている様子にやきもきする気持ちはわからないでもないが、そういう事情は転職しようとしている本人とは関係がないことだ。

「内定先に入社する」という決断は、エージェントにとっては日々の業務の一部にすぎないかもしれないが、転職する側にとってはそれなりに人生を左右する決断だ。ここで必要以上に急かしてくるエージェントは、自分の都合ばかりを押し付けてくるダメなエージェントである。

聞いた話によると、内定を辞退したことに対して説教をしてくるエージェントなんかもいるらしい。こういうエージェントにあたったら、椅子を蹴って出てきてもいいと個人的には思う。

転職者への配慮に欠けるエージェント

他にも、細かい点で転職者への配慮に欠けるエージェントはダメなエージェントだと考えてよいだろう。

たとえば、会社のメールアドレスに連絡してきたり、業務時間中に電話連絡をしてくるようなエージェントは、転職者の置かれている状況に対する想像力が欠如している。転職者がいまの会社の職場にバレないように転職活動をするのは当然のことだし(在職中の転職活動はバレずにこっそりが基本を参照)、日中電話に出にくいのも普通に考えれば想像がつく。

仕事が雑なエージェントも感心しない。メールの返信に誤字が多くいい加減だったり、提出した書類を紛失されたり、面接前の企業への連絡が不十分だったりするエージェントを使って転職活動を行うと、「エージェントのせいで受かる会社も受からない」という事態が発生しうる。「この人、大丈夫かな……」と不安になったら、窓口に言って担当者を変えてもらうようお願いするか、他のエージェントを使うことにしたほうがいいだろう。

明らかに「地雷」としか言えないようなエージェントは決して数が多いわけではないが、存在しないというわけでもない。地雷を引いてしまったらそれ以上被害が大きくなる前に即座に撤退することだ。エージェントは他にも山ほどいるのだから、目の前の相手にこだわる必要は別にない。

おすすめの転職エージェント

インテリジェンスDODA

求人数は100,000件、そのうち80%は非公開求人。総合型の転職エージェント。規模はリクルートエージェントに次いで2位。キャリアコンサルタントによるサポートは模擬面接を実施してくれるなど他社と比較しても厚い。とりあえずスタンダードに転職を検討するのであれば、まず登録しておきたいうちの一社。

 

私の友人の中にもDODA経由で内定を取った人がいる。率直に印象を聞いてみたところ、「色々とこちらの個人的な相談にも乗ってくれてよかった」ということで満足していた。その後彼は内定を辞退して転職活動を終えるというエージェントとしては不実の結果となったのだが、その時の対応も丁寧でよかったとのことだった。

パソナキャリア

転職エージェントへの参入が後発なため、規模は大手エージェントに比べると小さいものの、キャリアアドバイザーの教育レベルが高いという点でおすすめできるエージェント。

転職エージェントを使っていて嫌な気分になるのは、内定後に強引にクロージングを迫られたり、自らのノルマ達成のために「さっさと転職させてやろう」という魂胆が見えた時だろう。全員がそうだというわけではないが、たとえばリクルートエージェントなどは社風的にもそのような「イケイケ」なエージェントが少なからず在籍する。それに対して、パソナキャリアのエージェントは落ち着いたアドバイザーが多い印象がある。落ち着いて転職活動を進めたいという人にはおすすめできる。

レバテックキャリア

IT・Webエンジニア案件に特化した専門型転職エージェント。求人はすべてIT・Web系。それゆえ、担当のキャリアコンサルタントのIT専門知識は総じて高い。総合型の転職エージェントの場合、一応専門ということになっている人が担当してくれるものの、実際には担当者の知識が噛み合わずストレスを感じることがある。レバテックキャリアの場合は基本的にそのような心配はない。業界用語や専門用語もそのまま通じる。

紹介数については大手ほどではないものの、その人の人となりに応じて厳選して求人を紹介するという方針をとっているので、総合型では紹介されない案件を紹介してもらえることも少なくない。志望がIT・Web系と決まっているのであれば、ぜひ活用を検討したいエージェントのうちのひとつだ。

 - 転職エージェントの選び方 > 賢い選び方