転職の掟

転職で後悔しないために知っておきたいこと

良い転職エージェントの見極め方

      2016/02/15

entrepreneur-593358_640

転職エージェントを使って転職活動をする場合、その成否はほとんど「どれだけ良い担当者にあたるか」にかかっていると言っても過言ではない。もちろん、自分自身の能力や市場価値も大切なのは言うまでもないが、どんなに能力が高くて市場から強く求められる人材であったとしても、ダメなエージェントにあたってしまうと転職活動の結果は微妙なものになるだろう。

転職エージェントでどんな人が担当になるかは基本的にこちらではどうしようもないことなので(実は、友人の口コミなどで「この人がいい!」という情報を得ているのであれば、特定の担当者にしてくれと希望すること自体はできる。もっとも、それで本当にその人が担当になってくれるとは限らないし、ほとんどの人はそもそもそういった情報を持たずに転職エージェントを訪れる)、こちらにできるのはダメなエージェントを切ることだけということになる。そのためには、そもそも目の前の担当者が果たして良いのか悪いのか、見極める基準が必要になる。

そこで今回は、良いエージェントを見極める基準について少し考えてみよう。

まずは相性がよくなければ始まらない

いきなり客観性ゼロの基準を持ちだして申し訳ないのだが、最初の面談で話してみて「なんかこの人とは合わないなぁ」と感じるようだったら、基本的にそのエージェントを使うのはやめておいたほうがいい。こういった印象に基づく判断は、エージェントを選ぶ際には思った以上に重要になる。

あなたがエージェントを見極めようとしているのと同様に、実はエージェントの側でも「この人物を企業に推すべきか否か」を見極めようとしている。キャリアコンサルタントやキャリアアドバイザーという名前を名乗っていても、彼らは結局は企業側の代理人(エージェント)だということを忘れてはならない。転職者とエージェントのお互いで良い関係が築けていない場合、よい求人を紹介してもらうことは難しくなるし、精神面でも転職活動を前向きに進めにくくなる。

エージェントには色んなタイプの人がいるので、どういう人がしっくり来るかは人それぞれだろう。じっくりとキャリア相談に乗ってもらえるタイプのエージェントを欲する人もいれば、ビジネスライクにテキパキと効率的に事務処理をこなすエージェントを好む人もいる。客観的な正解は特に存在しない。

エージェントとの相性は本人だけにしかわからない極めて主観的なものだが、主観的だからといってないがしろにしてはならない。そもそも転職活動は人間がある程度の主観に基づいてやることなのだから、主観的な要素は極めて重要だ。エージェントとの最初の面談で感じた印象は、大切にしてほしい。

募集要項や会社のホームページでは得られない情報を持っているか

エージェントの能力の良し悪しについては、そのエージェントが「どれだけ紹介先の会社に深く入り込んでいるか」で測ることができる。

たとえば、「社員はだいたい何時ぐらいに帰っているのか」であるとか「どういったタイプの社員が多いのか」といったような、本来であれば現場の社員ではないとなかなか答えられないような情報を持っているエージェントは、できるエージェントだと考えてよい。一方で、募集要項や会社のホームページを見ればわかるような情報しか教えてくれないようなエージェントはあまりよいエージェントではない。

複数のエージェントに登録して転職活動をしていると、すべてのエージェントで同じ会社を紹介されることも少なくないが、そういう時こそエージェントの実力を測るチャンスだ。それぞれのエージェントが紹介先の企業についてどれだけ情報を持っているかさぐってみよう。抽象的な情報ばかりで現場の具体的な話が出てこないエージェントは、あまりその会社には深く入り込めていないと考えて間違いない。

業界のマクロな動きがわかっているか

日々、大量の求人と求職者に接しているという業務の性質上、キャリアコンサルタントのほとんどは「いま、業界内でどんな人材が求められているのか」といった業界の直近の動きには精通している。できるエージェントは、これに加えて業界のマクロな動きもおさえている。今どうなっているかという話だけではなく、今後5年・10年というスパンで業界がどのように動いていくか、そういった展望についてもある程度語れる担当者は良い担当者だ。

こういったマクロな動きは直近の転職についてはあまり関係がないのでは、と思う人もいるかもしれないが、そもそもキャリアとは本来長い視点で考えていくべきものだ。成長中と謳われている企業が、今後も長期的に成長が見込めるのか、あるいは単にバブル状態に陥っているだけなのかは(その見立てがあたるかはともかく)ある程度自分なりに見極めておきたい。

社会人経験もひとつの指標

これは駆け出しのキャリアコンサルタントには大変悪いと思いつつも、あまりにも社会人経験が浅い人はやはり担当者としては微妙である。そもそも会社であまり働いた経験がない人に、他人のキャリアについて口出しなどしてほしくないと感じるのはあたりまえの感情だ。

ただし、若いといっても転職エージェント業界では30代前半ぐらいにもなれば「中堅」といってよいので他業界の人は注意してほしい。人材業界は出入りが激しいので、10年も同じ会社にいるとそれはもうかなりのベテランということになる。歴史ある大企業のノリで「若い」を判断するとおかしなことになるので気をつけたい。

複数のエージェントに登録して上手に比較する

以上、いくつかエージェントの良し悪しを見極める視点について書いてきたが、いずれの場合も欠かせないのが「エージェント同士で比較してみる」という発想だ。

実際、複数のエージェントを使っていると、「あの担当者は明らかに他所よりダメだ」ということはすぐにわかる。最初のうちは、少し多めにエージェントに登録して、色々と試してみることを勧めたい。別に、全部を最後まで使う必要はない。ダメだと思ったところはどんどん切っていけばよいのだから、あまり深く考えこまずに気になったエージェントはとりあえず登録して話を聞きに行ってみるといいだろう。

おすすめの転職エージェント

インテリジェンスDODA

求人数は100,000件、そのうち80%は非公開求人。総合型の転職エージェント。規模はリクルートエージェントに次いで2位。キャリアコンサルタントによるサポートは模擬面接を実施してくれるなど他社と比較しても厚い。とりあえずスタンダードに転職を検討するのであれば、まず登録しておきたいうちの一社。

 

私の友人の中にもDODA経由で内定を取った人がいる。率直に印象を聞いてみたところ、「色々とこちらの個人的な相談にも乗ってくれてよかった」ということで満足していた。その後彼は内定を辞退して転職活動を終えるというエージェントとしては不実の結果となったのだが、その時の対応も丁寧でよかったとのことだった。

パソナキャリア

転職エージェントへの参入が後発なため、規模は大手エージェントに比べると小さいものの、キャリアアドバイザーの教育レベルが高いという点でおすすめできるエージェント。

転職エージェントを使っていて嫌な気分になるのは、内定後に強引にクロージングを迫られたり、自らのノルマ達成のために「さっさと転職させてやろう」という魂胆が見えた時だろう。全員がそうだというわけではないが、たとえばリクルートエージェントなどは社風的にもそのような「イケイケ」なエージェントが少なからず在籍する。それに対して、パソナキャリアのエージェントは落ち着いたアドバイザーが多い印象がある。落ち着いて転職活動を進めたいという人にはおすすめできる。

レバテックキャリア

IT・Webエンジニア案件に特化した専門型転職エージェント。求人はすべてIT・Web系。それゆえ、担当のキャリアコンサルタントのIT専門知識は総じて高い。総合型の転職エージェントの場合、一応専門ということになっている人が担当してくれるものの、実際には担当者の知識が噛み合わずストレスを感じることがある。レバテックキャリアの場合は基本的にそのような心配はない。業界用語や専門用語もそのまま通じる。

紹介数については大手ほどではないものの、その人の人となりに応じて厳選して求人を紹介するという方針をとっているので、総合型では紹介されない案件を紹介してもらえることも少なくない。志望がIT・Web系と決まっているのであれば、ぜひ活用を検討したいエージェントのうちのひとつだ。

 - 転職エージェントの選び方 > 賢い選び方