転職の掟

転職で後悔しないために知っておきたいこと

転職エージェントで優先的に扱ってもらうために気をつけたいこと

      2016/02/15

job-interview-437026_640

転職エージェントに登録すると求人案件の紹介を受けられたり、職務経歴書の添削や面接の指導が受けられたりと色々とサポートを受けることができる。しかも、転職エージェントのサービスは転職者に対してはすべて無料だ。基本的に、これらのメリットを利用しない手はない。特殊な事情がないかぎり、転職エージェントは活用したほうがよいというのがこのサイトの主張だ。

もっとも、この手の手厚いサービスは、転職エージェントに登録さえすれば必ず受けられるというわけではないということにも注意しておかなければならない。転職エージェントは別に慈善事業として転職者を支援してくれているわけではない。転職エージェントのビジネスモデルでも触れたように、彼らは優秀な転職者を企業に仲介し、その紹介料をもらうことで成立している。そもそも転職する(できる)かどうかあやしい人や、転職できたとしてもそれほど仲介料が高くない(要は年収が低い)人の場合、あまり真剣に相手にしてもらえない。

転職エージェントに登録して最初の面談には行ってみたものの、それからさっぱり音沙汰がないという場合、担当者から優先度が低い人材だと見積もられたと考えてほぼ間違いないだろう。エージェントから優先度を下げられてしまうと、せっかくのエージェントのメリットも活用できない。こちらからエージェントを切るというならともかく、それ以前に向こうから切られてしまうのはできるかぎり避けたい。では、どうすれば転職エージェントで優先度に扱ってもらうことができるのだろうか?

転職エージェントの担当者は忙しい

まず前提として、転職エージェントの担当者はとても忙しいということを知っておく必要がある。転職希望者にとって担当者はひとりでも、担当者はひとりで何件もの転職希望者を併行して受け持っている。そういう状況下で売上を上げていくためには、当然ながら受け持っている転職希望者の優先度付けが必要だ。

実際、受け持ちの転職希望者は営業の人ならお馴染みの「ヨミ表」で管理されているというエージェントも少なくない。「ヨミ表」というのは元々はリクルートグループの営業職で使われていた方法で、受注の確率に応じて案件をDヨミ、Cヨミ、Bヨミ、Aヨミと分類し、営業活動の優先度付けをしてくというものだ。ヨミ表を営業目標を達成するための重要な指針となる(例:AヨミとBヨミのラインまで売れれば今月は達成、など)。ちなみに、ヨミ表をもとに「ヨミ会」という会議が持たれる場合もある。

優先度を高くしてもらうには、できるだけ自分をAヨミ、Bヨミだと思ってもらう必要がある。言い方は悪いが、エージェントにとって転職希望者は企業に売るための商品だ。どうせ売れそうにない商品をせっせと売り込むような暇は彼らにはない。まずは自分が売れる商品だと、担当者に思ってもらわなければエージェントの優先度は上がらない。

優先度を上げる軸は「早く」売れるか「高く」売れるかの2つ

エージェントが優先的に扱いたい、と思う求職者は大きく2つある。ひとつは転職意欲が高く、すばやく転職しそうな人。もうひとつは、人材としての市場価値が高く、高い年収で転職しそうな人だ。要は「早く」売れる人と、「高く」売れる人が優遇されるということがわかる。

これは営業する側の立場になって考えてみれば、容易に想像がつくだろう。売上がそれほど上がらなくても、すぐに売れる商品があるならまずはそれを売るために力を注ぐ。一方で、すぐには売れないとしても高く売れる見込みがある商品なら、ある程度は労力を割くのも仕方がない。もちろん、すぐに売れそうでしかも高く売れそうだというのであれば、それは全力で売りに行く。最悪なのはなかなか売れそうもなくて、しかも売れたとしても別に高くは売れない商品だ。よほどのことがない限り、そういう商品は放置になるだろう。

最初のキャリア面談では前向きさをアピールする

市場価値を短期間で上げる(=「高く」売れる商品になる)のは難しいものの、相手にすばやく転職しそうだと思わせる(=「早く」売れる商品になる)ことは、こちらの頑張り次第では可能だ。

具体的には、エージェントに登録したあと最初に行われるキャリア面談で、「すぐにでも転職したい」と転職意欲が高く前向きであることをアピールするとよいだろう。間違っても「長期的な視野で転職活動をしている」とか「とりあえず登録してみました」などと乗り気でない態度を取ってはいけない。それでも市場価値が高い人材なら向こうから熱心に連絡が来たりするものだが、どうせなら担当者にやる気になってもらったほうがいい。

別に「すぐにでも転職したい」と言ったからといって、本当にすぐに転職しなければならないということではない。要は、エージェントに真剣に動いてもらうための駆け引きなので、いい求人に出会える可能性を最大限高めるためにも、ここでは前向きなところを見せておきたい。

おすすめの転職エージェント

インテリジェンスDODA

求人数は100,000件、そのうち80%は非公開求人。総合型の転職エージェント。規模はリクルートエージェントに次いで2位。キャリアコンサルタントによるサポートは模擬面接を実施してくれるなど他社と比較しても厚い。とりあえずスタンダードに転職を検討するのであれば、まず登録しておきたいうちの一社。

 

私の友人の中にもDODA経由で内定を取った人がいる。率直に印象を聞いてみたところ、「色々とこちらの個人的な相談にも乗ってくれてよかった」ということで満足していた。その後彼は内定を辞退して転職活動を終えるというエージェントとしては不実の結果となったのだが、その時の対応も丁寧でよかったとのことだった。

パソナキャリア

転職エージェントへの参入が後発なため、規模は大手エージェントに比べると小さいものの、キャリアアドバイザーの教育レベルが高いという点でおすすめできるエージェント。

転職エージェントを使っていて嫌な気分になるのは、内定後に強引にクロージングを迫られたり、自らのノルマ達成のために「さっさと転職させてやろう」という魂胆が見えた時だろう。全員がそうだというわけではないが、たとえばリクルートエージェントなどは社風的にもそのような「イケイケ」なエージェントが少なからず在籍する。それに対して、パソナキャリアのエージェントは落ち着いたアドバイザーが多い印象がある。落ち着いて転職活動を進めたいという人にはおすすめできる。

レバテックキャリア

IT・Webエンジニア案件に特化した専門型転職エージェント。求人はすべてIT・Web系。それゆえ、担当のキャリアコンサルタントのIT専門知識は総じて高い。総合型の転職エージェントの場合、一応専門ということになっている人が担当してくれるものの、実際には担当者の知識が噛み合わずストレスを感じることがある。レバテックキャリアの場合は基本的にそのような心配はない。業界用語や専門用語もそのまま通じる。

紹介数については大手ほどではないものの、その人の人となりに応じて厳選して求人を紹介するという方針をとっているので、総合型では紹介されない案件を紹介してもらえることも少なくない。志望がIT・Web系と決まっているのであれば、ぜひ活用を検討したいエージェントのうちのひとつだ。

 - 転職エージェントの選び方 > 上手な活用法