転職の掟

転職で後悔しないために知っておきたいこと

総合型転職エージェントと専門特化型転職エージェントの違い

      2016/02/15

man-875702_640

「転職エージェント」は、大きく「総合型転職エージェント」「専門特化型転職エージェント」に分けることができる。

「総合型の転職エージェント」は、その名が示す通りほとんどすべての業種・職種についての案件を扱っている。知名度の高いリクルートエージェントインテリジェンスDODAはこの総合型転職の代表例だ。対して、特定の業種に特化して案件を紹介するのが「専門特化型転職エージェント」である。たとえばレバレジーズが運営するレバテックキャリアはIT・Web系に特化した転職エージェントだし、ワークポートはもともとIT・Web・ゲーム業界向けの特化型エージェントだ(最近はこれらの業種以外の案件も扱っているので総合型に転換しているが、やはりIT・Web・ゲームには一定の強みがある)。他にも薬剤師転職や看護師転職に的を絞ったエージェントや、実質的には元人材業界出身者の個人事業などの業態も存在しており、一括りには説明できない多様性がある。

総合型のエージェントには、いわゆる大手の3大エージェントと呼ばれるエージェントがある。業界1位のリクルートエージェント、業界2位のインテリジェンスDODA、業界3位のJACリクルートメントのことを指しており、これらのエージェントの案件数は他のエージェントに比べて圧倒的に多い。

総合型と専門特化型どちらを選ぶべきか

いざ転職活動をはじめようと思った時に、どのエージェントを選ぶかはなかなか難しい問題だ。もっとも、別に転職エージェントは一社に絞らず掛け持ちしてもなんの問題もないし、むしろ複数登録するというのはキャリアコンサルタントの相性問題を回避するための基本戦術なのであまり深く悩む必要はない。初心者はまずインテリジェンスDODAリクルートエージェントなどの大手総合型エージェントにとりあえず登録することにして、自分の希望に応じて業界特化型エージェントを追加する、というやり方がおすすめだ。

転職初心者にまず総合型エージェントをおすすめするのには一応理由がある。大手エージェントのほうが、これまで捌いてきた人数が圧倒的に多くノウハウの蓄積も多いので、はじめて転職エージェントに登録した初心者に慣れているのだ。自分にとっては人生の1回しかないはじめての転職も、彼らから見ればもう何十回、何百回と繰り返してきているものなので対応もかなり洗練されてきている。初心者がつまづきやすいポイントなどは事前に潰されているし、初心者の質問にも的確に回答してくれるだろう。総合型の転職エージェントは多くの人が歩んだ道なので、もうかなり舗装されているというわけだ。

大手総合型エージェントの問題点

とはいえ、大手総合型があらゆる点で優れているというわけではない。大手エージェントの場合、よくも悪くも効率は最優先される。大量の求職者と大量の求人案件を捌いて売上を担保するためには、案件のミスマッチを可能な限りおさえ、求職者を短期間でスムーズに転職させることが不可欠だ。大手では基本的にマッチングは案件データベースと求職者データベースに基づいて機械的に行われ、内定が出やすい企業がシステマティックに推薦される。転職者の希望を事細かに掘り下げてじっくり聞いて、それを元に専門家が長年の経験とカンを元に紹介……というのは実際には幻想で、すべてはコンピュータで画一的に決まってしまう。求職者の希望が取り入れられる余地は実はあまりない。

また、大手はそれだけ人員も多いので、当然ながらスタッフも分業体制が敷かれることになる。法人側の営業担当と求職者側の担当は基本的に分かれているので、双方の伝達がうまくいかずに齟齬が生じるといったアクシデントも少なくない。また、最初のキャリア面談をする人と実際に自分を担当してくれる人が変更されるなど、段階に応じて人が変わることに不信感を抱く人もいるようだ。もっとも、基本的に担当になったキャリアコンサルタントはこちらから変えてもらうよう希望を言ったり本人が退職などしない限りは変わることはないのでそれほど神経質になる必要はない。

中小規模の専門特化型エージェントの強み

大手総合型がデータベースから機械的なマッチングをするのに対して、中小規模の専門特化型エージェントの場合は、ある程度求職者側の細かい希望を聞いてもらえる余地がある。また、大手エージェントのように法人営業と求職者側の担当が分かれていることもないので、求人企業側の要望などはストレートに求職者にも伝わる。このような細かいサービスを望むのであれば、中小規模の専門特化型エージェントの利用を検討するのもありだ。また、専門特化型エージェントが扱う案件数は総合型には到底及ばないものの、総合型にはない独自の案件も持っているという場合も少なくない。要は街に昔からある不動産屋のようなもので、掘り出し物に出会う可能性は圧倒的に専門特化型のほうが高い。

専門特化型のもうひとつの利点は、ある程度の業界知識を前提とした話もしっかり通じることだ。大手総合型の場合、キャリアコンサルタントはあくまでキャリアの専門家であって業種の専門家ではない。たとえばIT系で転職したいと考えた場合、「GitHubのアカウントはありますか?」「GitHubにコードをアップしておきましょう」ぐらいは一応言ってくるかもしれないが(最近はこのぐらいはみんな知っている。ただし、「こんなコードならアップしないほうがマシです」というアドバイスは当然ない)、あの会社はCIは何を使っているかとか、どのようなコードレビュー体制を敷いているか、とかいった話には多くの場合応えてくれない。対して、IT・Web系が専門のエージェント(たとえばレバテックキャリアあたり)であれば、こういったエンジニアが気にするポイントに関する知識も普通に相談できるし会話できると考えてよい。このあたりは専門特化型の大きな強みと考えて間違いない。

おすすめの転職エージェント

インテリジェンスDODA

求人数は100,000件、そのうち80%は非公開求人。総合型の転職エージェント。規模はリクルートエージェントに次いで2位。キャリアコンサルタントによるサポートは模擬面接を実施してくれるなど他社と比較しても厚い。とりあえずスタンダードに転職を検討するのであれば、まず登録しておきたいうちの一社。

 

私の友人の中にもDODA経由で内定を取った人がいる。率直に印象を聞いてみたところ、「色々とこちらの個人的な相談にも乗ってくれてよかった」ということで満足していた。その後彼は内定を辞退して転職活動を終えるというエージェントとしては不実の結果となったのだが、その時の対応も丁寧でよかったとのことだった。

パソナキャリア

転職エージェントへの参入が後発なため、規模は大手エージェントに比べると小さいものの、キャリアアドバイザーの教育レベルが高いという点でおすすめできるエージェント。

転職エージェントを使っていて嫌な気分になるのは、内定後に強引にクロージングを迫られたり、自らのノルマ達成のために「さっさと転職させてやろう」という魂胆が見えた時だろう。全員がそうだというわけではないが、たとえばリクルートエージェントなどは社風的にもそのような「イケイケ」なエージェントが少なからず在籍する。それに対して、パソナキャリアのエージェントは落ち着いたアドバイザーが多い印象がある。落ち着いて転職活動を進めたいという人にはおすすめできる。

レバテックキャリア

IT・Webエンジニア案件に特化した専門型転職エージェント。求人はすべてIT・Web系。それゆえ、担当のキャリアコンサルタントのIT専門知識は総じて高い。総合型の転職エージェントの場合、一応専門ということになっている人が担当してくれるものの、実際には担当者の知識が噛み合わずストレスを感じることがある。レバテックキャリアの場合は基本的にそのような心配はない。業界用語や専門用語もそのまま通じる。

紹介数については大手ほどではないものの、その人の人となりに応じて厳選して求人を紹介するという方針をとっているので、総合型では紹介されない案件を紹介してもらえることも少なくない。志望がIT・Web系と決まっているのであれば、ぜひ活用を検討したいエージェントのうちのひとつだ。

 - 転職エージェントの選び方 > 基礎知識