転職の掟

転職で後悔しないために知っておきたいこと

転職エージェント選びで一番大切なのは担当者との相性

      2016/02/15

hands-1063442_640

いざ転職活動を本格的にするとなったら、やはり転職エージェントの使用はおすすめしたい。もちろん転職活動は転職エージェントを利用しないでも進めることができるが、自由応募や転職サイト経由の応募だと相手側の企業も「いい人がいればラッキー」ぐらいにしか思っていないというのが実際のところだし、そもそも転職市場に流れている案件の80%は転職エージェントに「非公開求人」という形で集中している。職種をまたいだ転職や、どうしてもチャレンジしたい企業がピンポイントで決まっているなどの事情がなければ、とりあえずは転職エージェントの利用を第一に考えておいてよいだろう。

もっとも、転職エージェントには大規模なものからほとんど個人事業に近いものまで様々なので、どうやって選んだらいいかわからないという人は多いはずだ。この点、比較サイトなども多数あるが、はっきり言ってしまうとエージェント各社の口コミの重要度はそれほど高くない。転職エージェント同士を非公開求人数で並べ替えてランキングすることはできるが、仮に10,000社を越える非公開求人数があったとしても自分に見合う求人はその中のほんのほんのほんの一握りにすぎない。もちろん、エージェントの規模をはかるひとつの目安にはなるので意味はあるのだが、転職の成功を大きく左右するファクターはそれよりも他のところにある。

転職がうまくいくかはほとんど担当者で決まる

転職エージェントを選ぶ際に、もっとも重要なポイントをひとつだけ抑えるとしたらそれはずばり「担当者との相性」ということになるだろう。大手総合型の転職エージェントの場合、人によってその評価がまったく違ったりするが、これは結局担当のキャリアコンサルタントの違いによる。酷い担当者にあたった人が「あのエージェントはダメだ」と言い、いい担当者にあたった人は「あのエージェントはよかった」と言う。そこの期待値をコントロールするのが企業なのではないか、と言いたくなる気持ちはよくわかるが、よくもわるくも人材紹介業は属人ビジネスなのでこればかりは仕方がない。もっとも、いくら担当者が重要だからといってエージェントごとの強みやカラーは存在するので「転職エージェントという組織自体の特色」がまったく反映されないというわけではないので注意してほしい。

まずは複数のエージェントに登録してみる

いい担当者にあたるために、一番簡単で確実にできるのは登録する転職エージェントをひとつに絞らないことだ。とりあえず大手総合型のエージェントは登録し、中小規模のエージェントにも気になるものがあれば登録するといい。一番はじめは、5社ぐらい登録しても問題ない(転職活動の最後まで5社全部を使うという意味ではない)。複数社登録すれば、複数の担当者と会うことになるので、必然的に自分に合った担当者にあたる確率が高くなる。「これはないな」と思ったら、そのままフェードアウトすればいい。最初は少し多めに登録して、相性や紹介される案件の内容を見据えながら最終的には1〜3社に絞るというのが基本戦略だ。

こんなことを書くとそんな不義理なことをして大丈夫かと不安になる人が一部にいるようだが、これはキャリアコンサルタント側も承知していることなので、まったく問題ないと断言できる。むしろ、頑なに1社に絞って活動したりすると、比較の視点を持つことができないのでそもそもいま自分を担当している担当者がいい担当者なのか悪い担当者なのかの検討もつかずに困ったことになる。複数社まとめてエージェントを使っていれば、他社と比べて変な案件ばかり紹介してきたり、他社なら当然紹介してくる案件を紹介してこないような担当者は「ハズレ」ということで切ることができる。担当者の良し悪しを判断する情報源として、まずは複数社登録することを強くおすすめする。

担当者による有利不利は想像以上に大きいものだ。イケてるキャリアコンサルタントの場合とダメなキャリアコンサルタントとでは、まったく同じ企業を受験する場合でも得られる情報が10倍ぐらい違うことがある。求人企業サイドとの連携という観点では分業制が敷かれている大規模総合型エージェントよりも窓口が同じ中小規模エージェントのほうが一般的には有利と考えられるが、結局は社内連携の問題なので能力次第では総合型でもかなりいい情報を仕入れてくれる担当者がいる。転職活動をはじめた時点においては、まずは手広く色んなエージェントの担当者と会って話をしてみるとよいだろう。

大手の場合は担当者を変更することもできる

ちなみに、「どうしてもこの担当者ではやっていけない!」という場合には最終手段として担当者の変更を願い出ることもできる。中小規模のエージェントでは変更が受け入れられないこともあるが、大手ならまずは聞いてもらえると考えておいてよいだろう。もっとも、わざわざ変更しなくても他の転職エージェントにいい人がいるのであれば積極的に変更を申し出る必要はないかもしれない。

ある転職エージェントを切る際には明確に断りを入れてもいいが、明確な意思表示をしないで放置状態にするという方法もある。連絡が疎遠になるのはお互い様なところがあるので、明示的に断ってないことを気に病む必要はまったくない。

おすすめの転職エージェント

インテリジェンスDODA

求人数は100,000件、そのうち80%は非公開求人。総合型の転職エージェント。規模はリクルートエージェントに次いで2位。キャリアコンサルタントによるサポートは模擬面接を実施してくれるなど他社と比較しても厚い。とりあえずスタンダードに転職を検討するのであれば、まず登録しておきたいうちの一社。

 

私の友人の中にもDODA経由で内定を取った人がいる。率直に印象を聞いてみたところ、「色々とこちらの個人的な相談にも乗ってくれてよかった」ということで満足していた。その後彼は内定を辞退して転職活動を終えるというエージェントとしては不実の結果となったのだが、その時の対応も丁寧でよかったとのことだった。

パソナキャリア

転職エージェントへの参入が後発なため、規模は大手エージェントに比べると小さいものの、キャリアアドバイザーの教育レベルが高いという点でおすすめできるエージェント。

転職エージェントを使っていて嫌な気分になるのは、内定後に強引にクロージングを迫られたり、自らのノルマ達成のために「さっさと転職させてやろう」という魂胆が見えた時だろう。全員がそうだというわけではないが、たとえばリクルートエージェントなどは社風的にもそのような「イケイケ」なエージェントが少なからず在籍する。それに対して、パソナキャリアのエージェントは落ち着いたアドバイザーが多い印象がある。落ち着いて転職活動を進めたいという人にはおすすめできる。

レバテックキャリア

IT・Webエンジニア案件に特化した専門型転職エージェント。求人はすべてIT・Web系。それゆえ、担当のキャリアコンサルタントのIT専門知識は総じて高い。総合型の転職エージェントの場合、一応専門ということになっている人が担当してくれるものの、実際には担当者の知識が噛み合わずストレスを感じることがある。レバテックキャリアの場合は基本的にそのような心配はない。業界用語や専門用語もそのまま通じる。

紹介数については大手ほどではないものの、その人の人となりに応じて厳選して求人を紹介するという方針をとっているので、総合型では紹介されない案件を紹介してもらえることも少なくない。志望がIT・Web系と決まっているのであれば、ぜひ活用を検討したいエージェントのうちのひとつだ。

 - 転職エージェントの選び方 > 賢い選び方