転職の掟

転職で後悔しないために知っておきたいこと

在職中の転職活動はバレずにこっそりが基本

      2016/02/15

camera-1046675_640

働きながら転職活動を行う場合、転職活動をしていることは今の会社の人には知られてはならない。これは在職中に転職活動をする際には絶対に守らなければならない鉄の掟なのだが、意外と守られていなかったりもする。

一番よくあるのは、仲のいい同僚に転職活動中であることを相談してしまうことだ。同僚がたとえ会社という枠を超えて、プライベートでもよく一緒に遊びに行く本当に仲のいい相手で、絶対に秘密を守ってくれるだろうと信頼していたとしても、転職活動中であることは漏らさないほうがいい。どんなに仲がよくても、やはり同僚である以上リスクはある。「人の口に戸は立てられぬ」ということわざを思い出そう。

私も会社員をしていた頃は、よく「あの人、実はいま転職活動してるらしいよ」という噂を人づてに聞いたりしたものだが、そういうのは大体本人が信頼できると思った相手に話したことが最初の原因になっている。大事なことなのでもう一度言おう、転職活動中であることは絶対に同僚に漏らしてはならない。たとえ相手がどんなに仲のいい友達であってもだ。

転職活動を同僚に知られるリスク

転職活動が会社の同僚にバレることで被る不利益については、もう説明するまでもないだろう。一部には、部下が転職活動をしていると聞くと、「裏切られた」と感じる上司がいるらしい。呼びだされて説教されたり、今のポジションから外す、今までだったらなんでもなかったちょっとしたミスを全力で非難してくる、有給休暇の取得を許可しない(これは完全に労働基準法違反でアウトなのだが)など、転職活動中であることがわかった瞬間に嫌がらせの猛攻を受けたなんて話は山ほどある。いくら自分の上司が人格者だからと言っても油断は禁物だ。人格者だという評判の人ほど、裏切りや不義理は許さない。「あの人に限って……」と思っていた人が突然牙をむくので注意しよう。

もちろん、本来であれば転職活動は裏切りでもなんでもない。憲法に職業選択の自由がある以上、好きにやる権利は当然あるし、それを原因に不当な扱いをすることは許されない。しかしそれはあくまで理想論であり、現実には転職活動中であることがバレると不利益を被ることが残念ながらある。わざわざリスクを取る必要はない。この件については同僚に知られるデメリットはいくらでも挙げられる一方で、同僚に知られるメリットは皆無だ。「お世話になった会社のみんなには知っておいてもらいたい」なんてセンチメンタルな気持ちは封印しよう。会社のみんなにお礼を言いたいなら、転職が正式に決まってから最終出社日に言えばいい。

そもそも、転職活動中というステータスはあくまで「転職活動をしている状態」に過ぎず、内定が出て次が決まっているということではない。あまりこういうことは言いたくないが、次が決まらない可能性だって十分あるのだ。その時には、今の会社にしばらくとどまるというのが第一の選択肢になるだろう。転職活動中であることを知られてしまうと、そのセーフティネットがうまく機能しなくなってしまうので気をつけなければならない。

会社のメールとウェブサイトの閲覧履歴には要注意

転職活動が会社にバレてしまう経路は、うっかり話してしまった以外にもある。意外とガードが甘い人が多いのが、業務用PCの使用履歴だ。もし、あなたが転職活動を検討していてこのページを会社の業務用PCで見ているとしたら、危険なので私用PCを使うことを勧めたい。セキュリティのためと称して、業務用PC上のメールのやりとりやウェブサイトの閲覧履歴を管理している企業は少なくない。まるでジョージ・オーウェルの『1984年』みたいな話だが、冗談抜きでよくやられていることなので気をつけよう。当然のことながら、転職エージェントや転職サイトに登録する際に使用するメールアドレスは私用アドレスを使うべきである。会社のPCで転職エージェントとメールのやりとりをするなど論外である。

また、これは業務用PCではないが、Facebookに転職をほのめかすメッセージをポストしてバレる、というなんとも間抜けな発覚パターンもある。Facebook以外にも、会社の人は繋がっていないと信じていたtwitterのアカウントが実はバレていて、気ままに思いの丈をツイートしていたらバレてしまったという話も聞いたことがあるので、転職活動をするならSNSの運用にはくれぐれも気をつけてほしい。

服装規定がゆるい会社は逆に注意

これはインターネット業界のようにジーンズにサンダルといったようなラフな服装があたりまえになっている企業で働きながら転職活動をしている時に問題になるのだが、そういったラフな服装が当然の会社である日突然面接のためにスーツで出社してきたら、目立ってしまう。1回や2回であれば言い訳を用意して切り抜けることもできるが(「夜、ドレスコードのあるレストランで会食がある」、「恋人の両親と食事に行く」etc)、何度も何度もやってるとさすがにあやしいので、その時は普通に今までどおりの服装で出社し、退社後に着替えてから面接にいくなどうまく調整したいところだ。

なお、余談だが私の友人にはスーツで出社するたびに「いやあ、そろそろ僕も転職活動をしようと思って」とわざと本当のことを言うことで逆に周りに冗談だと思わせる、という高等テクニックを使っていた人がいる。彼は見事にそれで最後まで乗り切ったが、上級編なので初心者にはあまりおすすめできない。

おすすめの転職エージェント

インテリジェンスDODA

求人数は100,000件、そのうち80%は非公開求人。総合型の転職エージェント。規模はリクルートエージェントに次いで2位。キャリアコンサルタントによるサポートは模擬面接を実施してくれるなど他社と比較しても厚い。とりあえずスタンダードに転職を検討するのであれば、まず登録しておきたいうちの一社。

 

私の友人の中にもDODA経由で内定を取った人がいる。率直に印象を聞いてみたところ、「色々とこちらの個人的な相談にも乗ってくれてよかった」ということで満足していた。その後彼は内定を辞退して転職活動を終えるというエージェントとしては不実の結果となったのだが、その時の対応も丁寧でよかったとのことだった。

パソナキャリア

転職エージェントへの参入が後発なため、規模は大手エージェントに比べると小さいものの、キャリアアドバイザーの教育レベルが高いという点でおすすめできるエージェント。

転職エージェントを使っていて嫌な気分になるのは、内定後に強引にクロージングを迫られたり、自らのノルマ達成のために「さっさと転職させてやろう」という魂胆が見えた時だろう。全員がそうだというわけではないが、たとえばリクルートエージェントなどは社風的にもそのような「イケイケ」なエージェントが少なからず在籍する。それに対して、パソナキャリアのエージェントは落ち着いたアドバイザーが多い印象がある。落ち着いて転職活動を進めたいという人にはおすすめできる。

レバテックキャリア

IT・Webエンジニア案件に特化した専門型転職エージェント。求人はすべてIT・Web系。それゆえ、担当のキャリアコンサルタントのIT専門知識は総じて高い。総合型の転職エージェントの場合、一応専門ということになっている人が担当してくれるものの、実際には担当者の知識が噛み合わずストレスを感じることがある。レバテックキャリアの場合は基本的にそのような心配はない。業界用語や専門用語もそのまま通じる。

紹介数については大手ほどではないものの、その人の人となりに応じて厳選して求人を紹介するという方針をとっているので、総合型では紹介されない案件を紹介してもらえることも少なくない。志望がIT・Web系と決まっているのであれば、ぜひ活用を検討したいエージェントのうちのひとつだ。

 - はじめての人のための転職入門 > おさえておきたい転職活動の基本 ,