転職の掟

転職で後悔しないために知っておきたいこと

おすすめの転職エージェント

インテリジェンスDODA

求人数は100,000件、そのうち80%は非公開求人。総合型の転職エージェント。規模はリクルートエージェントに次いで2位。キャリアコンサルタントによるサポートは模擬面接を実施してくれるなど他社と比較しても厚い。とりあえずスタンダードに転職を検討するのであれば、まず登録しておきたいうちの一社。

 

私の友人の中にもDODA経由で内定を取った人がいる。率直に印象を聞いてみたところ、「色々とこちらの個人的な相談にも乗ってくれてよかった」ということで満足していた。その後彼は内定を辞退して転職活動を終えるというエージェントとしては不実の結果となったのだが、その時の対応も丁寧でよかったとのことだった。

リクルートエージェント

公開求人数は約19,000件、非公開求人100,000件の業界最大手の総合型転職エージェント。業界最大手ということだけあり、紹介される案件数やカバーする職種の幅などは文句なくNo1。この業界のリーディングカンパニーであり歴史も長いので、ノウハウの蓄積も非常に多い。転職を検討するのであれば欠かさずおさえておきたい。

実際に使用経験のある人に話を聞いてみたところ、「やはり業界1位ということもあり紹介される求人数は大手企業含め非常に多かった」とのこと。また、その人は担当のキャリアコンサルタントがムダの少ない動きをしてくれる人だったので、転職活動が進めやすかったとも語っていた。ただ、業界最大手ゆえに登録者も多く、あまり転職に前向きでない姿勢を見せると放置気味になるという話も耳にする。案件を多く紹介してもらいたい場合は、最初の面談などで前向きに転職を検討中であることをアピールするとよいかもしれない。

レバテックキャリア

IT・Webエンジニア案件に特化した専門型転職エージェント。求人はすべてIT・Web系。それゆえ、担当のキャリアコンサルタントのIT専門知識は総じて高い。総合型の転職エージェントの場合、一応専門ということになっている人が担当してくれるものの、実際には担当者の知識が噛み合わずストレスを感じることがある。レバテックキャリアの場合は基本的にそのような心配はない。業界用語や専門用語もそのまま通じる。

紹介数については大手ほどではないものの、その人の人となりに応じて厳選して求人を紹介するという方針をとっているので、総合型では紹介されない案件を紹介してもらえることも少なくない。志望がIT・Web系と決まっているのであれば、ぜひ活用を検討したいエージェントのうちのひとつだ。